ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

15年前の日銀利上げ時と酷似
FRB発言に感じるデジャビュ

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2015年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2000年8月の金融政策決定会合後の会見で、ゼロ金利解除を発表した速水優・日本銀行総裁(当時)
Photo:REUTERS/アフロ

 「最近よく当たっている」とちまたで評価が高いアトランタ連邦準備銀行の経済成長率予想、「GDPNow」。第1四半期の予想は、ウォール街のエコノミスト予想よりも大幅に低い数値だったが、結果はそちらに近かった。そして、5月13日に「GDPNow」は第2四半期の予想を0.7%成長と発表した。

 多くの米連邦準備制度理事会(FRB)幹部は、1~3月の米国経済の停滞は一時的なもので、第2四半期以降の成長はスピードアップすると期待してきた。しかし、4月の小売り販売は低調だった。その後のミシガン大学消費者信頼感指数、NAHB住宅市場指数も弱めである。上述のように、アトランタ連銀の予想も急回復は怪しいと示唆している。

 このため「FRBのリフトオフ(ゼロ金利解除)は来年以降になるのではないか」との見方が市場で増えつつある。しかし、FRBの主流派メンバーは市場の利上げ予想が大幅に剥がれてしまうのを今は避けたがっている。一度剥がれてしまうと、再び市場に混乱なく織り込ませるのは容易でないからである。当面は、リフトオフは9~12月ごろというムードを彼らは醸し出し続けると思われる。

 最近、アトランタ連銀の幹部も「GDPNow」に過度に注目しないでほしいと米「ウォールストリート・ジャーナル」紙に話している。5月13日のように四半期の半ばに発表しているGDP予想は材料が不足しており、過去にも大きく外したことがあったという説明だ。

 ところで、サンフランシスコ連銀のジョン・ウィリアムズ総裁は5月12日に、金利引き上げ局面における決定には、(1)いつリフトオフを行うか、(2)その後の利上げはどういった速さか、(3)最終的にどの高さまで上げるか、という三つのポイントがあると説明した。

 彼は市場やマスメディアが(1)に注目し過ぎている状況を変えたがっている。ウィリアムズ氏は、(1)をやや早めに行ったとしても、(2)と(3)を慎重に進めるならば、それはタカ派度の強い政策ではない、とアピールしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧