ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる
【第1回】 2015年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

誰でも始められるパラレルキャリア

1
nextpage

パラレルキャリアって、ナニ!?

 この連載では、わかるようでわかりにくい「パラレルキャリア」という新しい考え方について解説し、多くの方に少しでも関心を持っていただくきっかけにしたいと思います。

 そもそもパラレルキャリアとは、P・F・ドラッカーが『明日を支配するもの』(ダイヤモンド社刊)の中で紹介した考え方です。本業のほかに、もうひとつの世界を持つこと。たとえば教会の運営、ガールスカウトの会長など、ちょっとした地元での社会活動を引き受けることが例としてあげられています。

 ドラッカーは、会社の定年などにしばられることなく、社会の進歩で長命になった個人がいきいきと働き続けるための方法として、パラレルキャリアを提案したのです。

パラレルキャリアは、特別な人だけのものではない

 つまり、簡単に言えば、パラレルキャリアとは「本業×社会活動」を意味します。でも、社会活動というと難しく感じてしまうのではないかと思います。

 本業があるのに社会活動を同時にこなすなんて、一部の能力の高い人、社会を変えようという熱い志を持つ人だけの話と考えてしまうのではないでしょうか。

 しかしパラレルキャリアとは、小さな一歩をきっかけに、誰にでも始められることなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    石山恒貴 [法政大学大学院政策創造研究科教授]

    一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて、一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。ASTDグローバルネットワークジャパン理事、タレントマネジメント委員会委員長。NPOキャリア権推進ネットワーク研究部会所属。主な著書に『キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職7つの法則』(ダイヤモンド社)、『組織内専門人材のキャリアと学習』(日本生産性本部生産性労働情報センター)、翻訳に『サクセッションプランの基本』(ヒューマンバリュー社)がある。


    「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

    本業をしっかり持ちながら、社会活動を行なうパラレルキャリア。社外のさまざまな人たちとチームを組み、ふだん経験できない活動を通し、課題解決力、発想力、リーダーシップが身につく! いま、パラレルキャリアが急増中!

    「「本業×社会活動」パラレルキャリアを始めよう!――「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる」

    ⇒バックナンバー一覧