ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本の神さまと 上手に暮らす法 ― 神さまのいる毎日を過ごしませんか?
【第17回】 2015年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村真

神社で参拝1万回「神社学」教授に聞く!(後編)
「日本の神さま」と暮らすとなぜ人生は変わるのか?

尾道自由大学で「神社学」を教え、日本全国津々浦々の神社を巡る旅を続けている中村真氏。近著「日本の神さまと暮らす法」(ダイヤモンド社)では、神社ライルの素晴らしさを伝えていますが、そもそも神社へ興味を持ったきっかけとはどんなことだったのでしょうか。

前回は、世界を旅するなかで、「日本人としての自分を大切にしたい」という思いへ終着した海外でのご経験を振り返っていただきました。今回は、温泉の数よりも、コンビニの数よりも多い神社に興味が向かうまでのお話を伺います。中村さんにとって神社とはどんな存在なのでしょうか―――

神社との出会い
「名前なんて知らない!」発言に衝撃

―世界放浪の旅から日本に戻ってきてどんな生活を送っていたのですか。

中村:日本に戻ってきたときは、当然のことながら仕事もお金もない状態でした。就職活動もしましたが、バブル崩壊の影響と怪しい世界放浪者を受け入れてくれる企業はなく、なんと試験を受けた42社全滅!笑 しかし、不思議と焦る気持ちは湧いてきませんでした。世界の「生きるか死ぬか」の過酷な状況を目にしていたので、どんな状態でも「死にはしない」とたかをくくれたのだと思います。

 そして、バイトなどをしながら、日本を知る活動をすることにしました。どんなふうに日本を巡るかは、海外にいるときから考えていました。海外で貧乏旅行をしていると、お風呂に入れません。そのため、「日本の素晴らしさといえば温泉!」という発想になっていったのです。「絶対温泉巡りの旅に出るぞ!」と決意して帰国し、実際にヒッチハイクやバイクなどで出かけ全国の温泉に浸かりました。

―日本への関心の入口は温泉だったのですね。そこからどう神社に興味が向かっていくのですか。

中村:全国を巡っていると、当然のことながら温泉よりも神社の方が数が多い。私は神田生まれなので、小さい頃から家の周囲を見渡せばたくさんの神社がありました。そのため、「神社はたくさんあるもの」という意識は持っていたのですが、日本全国に飛び出して、改めてその圧倒的な数に気づかされました。秘湯の地と呼ばれる場所に分け入って入ると、そこに神社もある。どうしてこんなにもたくさん神社があるのだろう…と純粋に関心を持ちました。

―なるほど。神社のあまりの数に驚いたのがきっかけだったのですね。

中村:次第に、日本人の独特の信仰感にも興味を持っていました。日本人に信仰を聞くと、「無宗教」と答える人がすごく多いといわれています。確かに、他国と比較して、特定の神さまを信仰してはいない人が多いでしょう。一方で、多くの日本人が初詣は神社にいき、結婚式は教会で行い、お葬式はお坊さんを呼ぶという、すべての宗教を取り入れて楽しんでいるという側面があります。

 この前提には、八百万(やおよろず)の神を信仰してきた神道の礎が日本人に根ざしているからなのではないでしょうか。

―日本人独特の信仰感に少しずつ心惹かれるようになっていったのですね。

地元の人々の心に根付く神社の存在

―神社巡りをはじめるきっかけとなった神社との出会いはありましたか。

中村:温泉巡りの一貫で訪れた土地で、10軒ほどしか人家がない集落なのに神社が3社も建てられている場所があったのです。その一つの参道をおばあちゃんが掃除をしていたので、この人に聞いたらなぜこんな神社が多いのかという謎や、その神社の名前・由来といった情報がわかるだろうと思い、声を掛けたのです。

 「この神社のお名前なんでいうんですか」と尋ねると、「名前なんて知らない」という返答。「名前を知らないけれど掃除をしているんですか」と返すと、「祖母、母、そして自分も子どもの頃からここを掃除しているからね」というのです。

 このおばあちゃんとの対話で、ご利益があるからとか、お願いごとをしているからという見返りを求めた気持ちがいっさいない、生活の中に落とし込まれた信仰心の存在に気づかされました。

 同時に宗教と信仰心の違いについても学んだように思います。宗教は戒律などのルールの上で神さまを崇めることですが、信仰はその人個人の価値観で何を大切に生きていくかということ。ですから、毎日お宮を掃除する、毎朝神棚にあいさつをする、二礼二拍一礼でお参りをするなどという「形」は、人それぞれでよい。

 私の神社をライフスタイルに取り入れていこうという思いの原点は、このおばあちゃんとの出会いにあるのだと思います。

―そうした日本人の信仰心は神社巡りの旅の各所で実感しますか。

中村:はい。つい先日、上野原の軍刀利(ぐんだり)神社へ行ってきました。私は集落に入ると自動車のナビを消し、あとは集落の人に話しかけて神社の場所を探すようにしています。大抵4人ほどの人に話しかけなければ、目当ての神社には辿りつけません。すると、そこに根付く人々は思い思いの反応を返してくれます。「遠くからわざわざお参りに来てくれてありがとう」という人もいれば、「よそ者が自分たちの神さまに何の用だ」という態度の人もいます。それぞれが自分の神さまを大切にしている表れだと思います。

 こうやってその土地の人と触れ合うことで、その土地の神さまや神さまがどのように大切にされているのかを知っていくことができるのです。

絶対にかなわない存在を意識できる私の神社ライフ

―中村さんにとっての神社に行く意味を教えてください。

中村:神社の中でも私は修験道や登拝などが行われてきた、自然の神を祀る神社が好きです。そこには、圧倒的な自然の力強さがあります。そうした力の前で、私は自分のちっぽけさを痛感します。すると、こんな私が「生きていることだけで奇跡じゃないか」と感じ、物質的な悩みや欲求はふっとんでいきます

 そして、生きていることへの感謝の念や、自分の生をかけてまっとうしたい誓いなどを思い起こしてくれる場所が神社なのです。

―神さまを感じられるライフスタイルはどんな方におすすめでしょうか。

中村:若い頃の私のように、社会への閉塞感や日本を誇れないという人に勧めたいです。日本人のDNAを最大限に生かす生き方がなんとおもしろいことなのか伝えていきたいと思っています。

 また、自分の存在価値に気付いていない人にも、ぜひ神社に足を運んでほしいです。自著「日本の神さまと暮らす法」にも書いていますが、難しい参拝のルールなどはあとから覚えていけばよいのです。まずは、その圧倒的な存在の前で、自分の価値や本当に自分がしたいことである内面的欲求に目を向けてみてはいかがでしょうか

 私ですら、訪れることができた神社はまだ全体の100分の1ほど。それだけ、神社は多様で、魅力的で、奥深い。私にとって神社巡りは、突き詰めがいのある人生をかけた旅だといえるでしょう。一人でも多くの人に、静謐な神社の旅のとりこになってもらいたいと思っています。

―ありがとうございました!

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中村真 [尾道自由大学校長/「神社学」教授]

尾道自由大学校長。「神社学」教授。1972年東京生まれ。学生時代より世界中を旅したことで日本の魅力に改めて気づき、温泉と神社を巡る日本一周を3度実行。日本の魅力を再発見していく中で、とことん神社に心を奪われる。これまでに参拝した回数は1万回以上。自由大学にて教鞭をとる「神社学」は、初心者にも「わかりやすい」「面白い」と好評で、毎回満員の人気授業となっている。2013年には「尾道自由大学」を開校し、校長に就任。また、雑誌「ecocolo」や書籍を発行する出版社の代表を務め、現在はイマジン株式会社代表として、五感に響く出版、イベント、広告などのプランニングや、社会貢献プログラムなど様々な活動を展開している。神社検索アプリ「THE神社」を企画・制作・運営するなど、神さまのいるライフスタイルを提案することで、生きる希望を広めることを使命としている。


日本の神さまと 上手に暮らす法 ― 神さまのいる毎日を過ごしませんか?

コンビニ以上にたくさんある「神社」。でも多くの人がいくのは初詣くらいではないでしょうか。もっと神さまを身近に感じて、神さまをライフスタイルに取り入れてみませんか? 神社や神さまとうまく付き合うためのヒントをお伝えします。

「日本の神さまと 上手に暮らす法 ― 神さまのいる毎日を過ごしませんか?」

⇒バックナンバー一覧