ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
セールスは1分で決まる!
【第7回】 2015年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
宮崎美千子

営業力がなくても、商品力を借りれば売れる!

売れる人と売れない人の差はどこにあるのでしょうか。今回は、2人の営業マンが登場します、この実際にあったケーススタディから、何を学べるでしょうか。ご自身の営業活動に照らし合わせてみてください。売れる人がやっていることは、もっともわかりやすい手法です。そこが接点となり、お客様との長いお付き合いが始まるのです。
7月17日発売『セールスは1分で決まる!』連載第7回。

売れる営業マンと売れない営業マンの違い

 「一生懸命勉強し、商品知識を身につけてお客様に話をしているのに、売れないんです。私は営業力がないのでしょうか?」という悩みをよく聞きます。

 何とかして少しでも売上を上げたい、これはすべての営業マンの願いです。

 確かに、良い商品だからといって必ず売れるとは限らないし、ただ置いているだけで商品が売れる時代でもありません。

 覚えてきたことを順番通りに話して、お客様は買ってくれるでしょうか。
私の会社が扱うフランスのエステブランドには、数十種類の商品があります。

 私は、すべての商品について資料を見なくてもくわしく説明できるくらい勉強していますが、初めてのお客様への説明は商品1点だけです。

 それは、日本でも世界でもそのブランドの中で一番売れている商品だからです。一番売れている商品は、当然お客様に気に入っていただける確率が高いのです。

 まず、一つの商品を使っていただくことが大切です。

 初めて商品を購入する場合、何個も同時に買うことはほとんどありません。これは化粧品に限ったことではありません。

 以前会社に来た、2人のコピー機の営業マンの話です。

 一人は、すごく分厚いカタログを持ってきて、「宮崎社長、弊社にはこんなにたくさんのコピー機があるんですよ」と、一つひとつ説明を始めました。

 もともと、コピー機にくわしくも興味もない私が、次から次にコピー機の説明をされても楽しく話を聞けるはずがありません。

 聞いているうちに、何がいいのか、どう違うのかがサッパリ分からなくなってきました。分からない話は疲れます。

 結局、その営業マンが置いていった分厚いカタログを再び見ることはありませんでした。

 もう一人の営業マンは、「宮崎社長、このコピー機はわが社で自慢の商品です。他社にはない機能がついていて、今、最も売れている人気の商品です」と、社運をかけて作ったというコピー機の話を1時間して帰りました。

 同じ1時間で、前者の話は私の記憶に何も残りませんでしたが、後者はコピー機の特徴がよく分かりしっかり心に響きました。

 皆さんなら、どちらのコピー機に決めますか?

 もちろん私は、後者の「一番人気のコピー機」に決めました。

 お客様がどれか一つでも気に入ってくれるのではないかと、自社の商品をすべて説明する営業マンがいますが、これではお客様は決められません。

お客様は商品のプロではないのです。お客様に商品を欲しいと言ってもらうには、「これがお客様におすすめです」と、プロとして的を絞ることが大切です。その的が「一番売れている商品」なのです。

 一番売れている商品には、当然売れる理由があります。他社の商品との違い、開発秘話、お客様の声、さらにはこれまで何個売れたという実績までもがセールストークとして使えます。

 お客様は、誰も買わない商品より「売れている商品」が好きです。売れている商品をさらに売ることは、そんなに難しいことではないのです。

 「たくさんの人が良いと言うなら、この商品は素晴らしいに違いない」
「そんなに人気があるなら使ってみようかしら」

 すでに他の人が使っていて評価されている商品には安心感を持つのです。売れているという事実だけで、十分に営業活動となるのです。そして、一つの商品が気に入ってもらえると、会社やブランドそのものへの信頼となり、「他の商品も使ってみようかしら」と、次々に売れていくのです。

 とても効率の良い営業だと思いませんか。私は、自分の営業力だけでなく、いつも一番売れている商品の営業力を借りています。

 新人や結果がついてこない人は、まず売れている商品だけを売っていれば、結果は必ずついてきますし、売れると他の商品も話をしやすくなるので、試してみてください。

POINT

売れてない人は、一番売れている商品だけを売りましょう!
一番になっているのには理由があり、
それがセールストークとなります。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

宮崎美千子 

 

1988年福岡大学法学部法律学科卒業。同年4月、福岡市内の建設会社に一般職で入社し、総務人事部配属となる。結婚とコスメの夢を求めて退職、上京し、91年、株式会社マンダムの子会社、株式会社ミック(当時)に転職。主にマーケティングと教育を担当し、入社6年目、31歳で広報兼マーケティング担当課長となる。話題のスーパーOLとして、女性誌の取材や講演の依頼が飛び込む。33歳で結婚退職、翌年長男を出産。37歳で離婚し、フランスの化粧品ブランドにマーケティングマネジャーとして再就職。2004年38歳シングルマザーでありながら、株式会社ビ・マジークを設立。
フランスのエステブランド『コラン』、スイスの『ビタクリームB12』と契約交渉し、日本独占販売権を取得。また、自社ブランド『コラボーテ』を開発し、輸出も開始。11年から『ショップチャンネル』に出演し、1時間で1億円以上稼ぎ、『ビタクリームB12』を世界42か国中、一番の売上(世界売上の40%)にする。
14年に、「宮崎美千子のビューティ・マジック!」(ラジオ日本)を担当し、メディア出演実績は「anan」「With」「SWEET」「女性自身」「美STORY」「edu」「Grazia」など。コスメ業界ではその名を知らない者はいない。また、「結婚」「離婚」「セールス」「起業」「経営」など、自身の経験に基づくユニークな考え方が評判になり、相談や取材、講演などが殺到している。
目白大学短期大学部特別講師(14年~)
愛媛県四国中央市ふるさとアドバイザー(15年~)
 

 


セールスは1分で決まる!

「売りたい」「買ってほしい」といっさい考えることなく、「ただ話をしているだけなのに、なぜだか売れてしまう」――1時間で1億売るカリスマ社長のセールストーク術です。お客様の情報(サイン)を見逃さずに、1分以内に対応すればOK。予算やノルマが厳しい人ほど、取り組んでほしいノウハウが満載!

「セールスは1分で決まる!」

⇒バックナンバー一覧