ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「宅急便をアジアに」開花し始めたヤマトの挑戦

週刊ダイヤモンド編集部
2015年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
沖縄を拠点にアジア地域にも空輸により、「翌日到着」を拡大させていく

 ヤマト運輸が3年前にまいた種が、今夏、開花し始めた。

 2012年、ヤマトは全日本空輸(ANA)と提携、沖縄県那覇市の沖縄国際物流ハブを拠点として、国際的な物流事業に乗り出した。「物を早く届ける」というヤマトのお家芸を海外にも展開しようともくろんだのだ。

 沖縄国際物流ハブのある那覇空港からアジア各国へは、深夜便が多く行き来している上、貨物の手続きの速度が速く利便性も高い。こうしたメリットを利用すれば実現可能と踏んだのだ。

 しかし、一般的に海外に素早く物を届けることに対するハードルは高い。何しろ空輸のコストは船の10倍ともいわれており、事実、日本の貿易量の99.7%は船によるものだ。

 多くの物流会社が航空貨物事業で失敗をしてきた歴史もあり、普通に考えれば船に太刀打ちすることは難しい。

 そこで、ヤマトが目を付けたのが、「高価格」かつ「速さ」が必要とされる“特別”な荷物だ。

 まず13年から、香港向けのクール宅急便事業をスタート。北海道で捕れた魚介類であれば、それまで3日ほどかかっていたものが翌日にはテーブルに並ぶとあって、香港の高級ホテルやレストランからの注文が相次いでいる。

 15年に入り、さらに対象エリアを拡大。3月には台湾、8月にはシンガポールにもクール便のサービスを始めたのだ。

次のページ>> 在庫管理まで請け負う
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧