ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0歳からみるみる賢くなる55の心得
【第25回】 2016年1月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

子どもの病気を悪化させる
NGワード
――自らの生を喜び、
「感謝の心」をはぐくむ心得8

1
nextpage

ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』。1983年刊は、アマゾンマーケットプレイスで、28,800円のプレミア価格がついた。
「0歳からの伝説の育児バイブル」としてリニューアルした『赤ちゃん教育』は、子育てジャンルのベストセラーになり、第6刷が決定。海外からも次々翻訳オファーが届いているという。
そして、いよいよ「ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください」と、カヨ子ばあちゃんが熱く語る、注目の新刊『0歳からみるみる賢くなる55の心得』がリリース。
発売早々、Amazon.co.jpの単行本「総合ランキング1位」を記録。
11月29日の「読売新聞」と、12月7日の「日経新聞」に掲載され大反響となり、第3刷が決定。本連載も、累計60万PV(ページビュー:サイトの閲覧数)を突破した。
累計34万部突破の「カヨ子ばあちゃん」シリーズ。その中でも、ベストセラーとなった『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作がギュッと1冊に凝縮された本というから、「スーパーBEST版」「ベスト・メッセージ集」と言っても過言ではない。
83歳「脳科学おばあちゃん」の熱いメッセージをお届けする。

“イチャモンクラス”とは?

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける“久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計34万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

 私の教室に通う赤ちゃんは、“イチャモン”の子が多いので、私はこの教室を“イチャモンクラス”と呼んでいます。

 通っているお母さんたち公認の名称です。
 始まりは、お母さんの相談からでした。赤ちゃんの泣き声がか細(ぼそ)い、食欲がない、体が小さい、ハイハイができない、足の形がおかしいなど、わが子の発育や発達に不安を抱えたお母さんが、次々と相談にこられ、悩みが解決しても、「もうこなくていい」と私に言われても、毎週くるものですから、そのまま自然発生的に教室となったのです。

 いろいろ問題のある子、物言いのついた子の教室ということで“イチャモンクラス”なのです。

 さて、“イチャモンクラス”のタクヤくんは、体に少し悪いところがあって、2歳までに2回手術をしました。

絶対言ってはいけない
NGワード

 ものすごく運動をする子ですが、この子には禁句があります。

 「動かないで、ジッとしていなさい!」

 と命令されるのがイヤなのです。

 なぜかと言えば、動くとアブナイので、病院で動かないように固定されたまま、腕に点滴を受けていたからです。

 私たちはそれを知っているので、「動かないで!」と言うときは、ニコニコしながら、こう言います。

 「動いたらいかんよ、ここでしばらくジッとしていられる?

 こう言えば、「ジッとして!」と言うよりやわらかい言葉になります。もともと賢い子ですから、なぜ自分がここにこなければならないのかが、わかっています。

 あるとき、保育園の先生がタクヤくんに、

 「タクヤ、動くな!  ジッとしていなさい!」

 と何度もきつく言いました。

 それでタクヤくんは、パニック状態になり、自分の頭を壁にガーン、ガーンとぶつけるようになってしまったのです。そうしたら、後頭部が擦れて、血がにじむようになりました。

数ある子どものクセの中でも、自分で自分を傷つけるのが一番困るのです。

 人にかみついたりしたのなら、
そんなことしたら、ママもかんでやる!
 と言ったらいいんです。

痛みは痛みで教え、“目には目を、歯には歯を”で対応したらいいのです。

 それでたいていかむのをやめますが、自分で傷つけるのは、痛みを自分でわかっていながらやるので困ります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


0歳からみるみる賢くなる55の心得

「25万部突破のベストセラー「カヨ子ばあちゃんシリーズ」のスーパーBEST版がついに登場!!『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作を、「日本式伝統育児で生き抜く心をはぐくむ」「自らの生を喜び、感謝の心をはぐくむ」「子どもの脳力が120%アップする」「勉強ができて、心の強い子に育つ」の4パート55の心得として1冊に凝縮。「脳科学おばあちゃん」が教室で20年教え続ける基本の子育て55。脳が賢くなると、心も強くなる!特別付録に「お母さんも子どもも笑顔になる!カヨ子ばあちゃんのらくチ~ン!野菜レシピ14」。本連載では、そのエッセンスを紹介。【脳科学おばあちゃんからのメッセージ】ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください。

「0歳からみるみる賢くなる55の心得 」

⇒バックナンバー一覧