ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最強の成功哲学書 世界史
【第8回】 2016年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
神野正史

優秀な人間が『老害』になる理由とは?
歴史に学ぶ「慢心」

1
nextpage

「優秀な人間ほど、その優秀さゆえに、老害化してしまう」。この歴史的事実をどう思いますか?世界史5000年の歴史から生まれた「15の成功法則」を記した『最強の成功哲学書 世界史』から見ていきましょう。

2つの「顔」を持つ男

フィリップ・ペタンという人物をご存知でしょうか。彼は第一次世界大戦において、ドイツの猛攻に屈しそうになったフランスをその魔の手から救った「救国の英雄」として、少なくともフランスでは知らぬ者とていない超有名人です。

 そして同時に、第二次世界大戦において、ドイツの侵寇を前にして、あっさり祖国をドイツに売り渡した「売国奴」としても有名です。

同じひとりの人物なのに、これほど正反対な顔をもつ人も珍しい。第一次大戦後、あれほど国民から喝采を受けた彼が、それから四半世紀後には死刑判決を受けるほど、国民から憎まれるようになってしまったのはなぜでしょうか。

くすぶっていた男が、
どんどん出世できた理由

 彼は、第一次世界大戦が勃発したころ、すでに58歳でした。退役寸前であったにもかかわらず、大佐どまりで、決して期待された軍人ではありませんでした。

 それは彼が無能だったからというわけではなく、ちょうど彼が軍人として脂の乗りきったころに大きな戦がなく、その才を発揮する場がなかったためです。フィリップ・ペタンは、その点、時代に恵まれず、ここまでくすぶっていました。

 しかし、ここで第一次世界大戦が勃発。当時のフランス参謀本部の「積極的攻撃論」がことごとく裏目に出、ドイツ軍は破竹の勢いでフランス北東部を次々と占領していきます。祖国はあっという間に存亡の機!

 このとき、「積極的攻撃論」にひとり異を唱えていたペタンに耳目が集まります。

 「そういえば、あのペタンという男だけが「攻撃論」に反対していたっけな」

最初からあの男の作戦を採っていればこんな状態じゃなかったかも。こうして注目を浴びたペタンは、どんどん出世していき、またその期待に応えて戦果を挙げていきます。「陽」が当たるようになった途端、まさに“水を得た魚”。

兵法の「基本精神」とは?

 そんなとき、ドイツ軍によって包囲されていたヴェルダン要塞が陥落寸前になります。ヴェルダンといえば、フランスの都パリの“絶対防衛線”。ここが敵の手に陥ちてしまえば、あとはパリまでドイツ軍を防ぐものは何もありません。ドイツ軍は、何もなき野を往くが如く、パリに迫るでしょう。つまり、ヴェルダンの陥落は即ち、パリの陥落を意味し、そしてそれはフランスの滅亡を意味します。

 そんな状況化で、ペタンが参謀部からヴェルダン総司令官を拝命したとき、彼は自信満々に宣言しています。「決して敵は通しませぬ! ご安心あれ!」

 彼の採用した作戦は「縦深(じゅうしん)陣地戦術」。

 これは彼が編み出したオリジナル新戦法というわけではなく、「マラトンの戦い」や「カンネーの戦い」、はたまた「三帝会戦」などなど、古くから使い古された戦術とその根本に流れる精神は同じものです。

1、まず、わざと敵に弱点をさらし、敵にその弱点を攻撃させ、
2、防御地点を突破されても、あまり抵抗せず、むしろわざと兵を退かせる。
3、調子に乗った敵軍がさらに押してきても、敵軍の包囲態勢づくりに尽力する。
4、敵軍が気付いたときには前後左右からの包囲が完成しており、潰滅する。

どんなに時代が移り変わり、兵器が近代化し、戦術が変わったように見えても、兵法の基本精神は変わりなく通用するものです。ペタン将軍は、この戦法でついにドイツ軍の猛攻に耐えきり、これを撃退することに成功します。

栄光の落日

 その結果、ドイツ軍はまもなく降伏し、大戦はようやく幕を下ろしました。この八面六臂の活躍により、大戦勃発の時点では「大佐」だった彼は、戦後、陸軍最高位の「元帥」にまで昇り詰めます。

 国民からは「ヴェルダンの英雄」と讃えられ、どこへ行っても喝采を浴び、独身だった彼は、なんと64にして父娘ほど歳の離れた女性(42)と結婚。

 まさに“我が世の春”を謳歌します。もう歳も歳ですし、このまま満ち足りた豊かな老後生活の中で天寿を全うするかに思われました。

 しかし、ここから彼の転落が始まります。

「優秀であるがために、老害化する」。そのメカニズムとは?

 一線を退いたあとは隠居でもしていればこんなことにはならなかったのでしょうが、その後も「陸軍最高顧問」という肩書を得て、陸軍の方針に口を挟み続けたのが、のちに彼の人生を狂わせます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
トヨタの伝説のディーラーが教える 絶対に目標達成するリーダーの仕事

トヨタの伝説のディーラーが教える 絶対に目標達成するリーダーの仕事

須賀 正則 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
ライバル店がひしめくエリアの新店舗で、他店舗からの寄せ集めメンバーを導き、トヨタ販売店史上最高となる48か月連続で目標を達成! トヨタの現場リーダーとして伝説を作った著者による、どんなメンバーでも目標達成し続けるリーダーシップ術を公開する。管理職からバイトリーダーまで使える!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、9/11~9/17)


注目のトピックスPR


神野正史(じんの・まさふみ)

河合塾世界史講師。世界史ドットコム主宰。学びエイド鉄人講師。
ネットゼミ世界史編集顧問。ブロードバンド予備校世界史講師。
歴史エバンジェリスト。

1965年名古屋生まれ。既存のどんな学習法よりも「楽しくて」「最小の努力で」
「絶大な効果」のある学習法の開発を永年に渡って研究し、開発。
「世界史に暗記は要らない」という信念から作られた『神野式世界史教授法』は、
毎年、受講生から「〝歴史が見える〟という感覚が開眼する!」と、
絶賛と感動を巻き起こしている。

加えて、自身が運営する世界史専門のネット予備校「世界史ドットコム」は、
大学受験生はもちろん、「軽快なテンポで、歴史の流れがわかる! 」と
小中学生、社会人からも絶大な支持を得る超人気講座に。
また、「歴史エバンジェリスト」としての顔も持ち、TV出演、講演、雑誌取材、
ゲーム監修なども多彩にこなす。

著書に『世界史劇場』シリーズ(ベレ出版)、『世界史に強くなる古典文学の
まんが講義』(山川出版)、『爆笑トリビア解体聖書』(コアラブックス)などがある。


最強の成功哲学書 世界史

世界史こそ、最強の成功哲学書である。
世界史5000年の歴史から生まれた「15の成功法則」とは?
ナポレオン、ハンニバル、ビスマルク、ユスティニアヌス大帝etc
歴史に名を残す者たちは、なぜ偉業を達成できたのか?
「答え」はすべて、歴史の中に隠されている。
河合塾の有名世界史講師、神野正史による「世界史×自己啓発」連載!

「最強の成功哲学書 世界史」

⇒バックナンバー一覧