ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1歳からみるみる頭がよくなる51の方法
【第26回】 2016年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士],久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

カヨ子ばあちゃんが明かす
親子で視力がよくなる
一石二鳥の方法

1
nextpage

「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏(83)と脳科学の権威・久保田競氏(83)注目の新刊『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』
「週刊文春」の「ベストセラー解剖」にも取り上げられ、ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』の続篇として、ついにリリースされた注目の新刊は、4/15に「読売新聞」にも掲載された。
「カヨ子ばあちゃん」シリーズ累計36万部突破! もうすぐ84歳を迎える著者に、「親子で視力がよくなる一石二鳥の方法」を、こっそり紹介してもらおう。

鏡の反射を利用しての遊び

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける“久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計36万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『0歳からみるみる賢くなる55の心得』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

 ここでは、鏡の反射を利用しての遊びを紹介します。
手に持てる大きさの鏡と紙、ハサミを用意してください。

 鏡の表面積の約3分の1から5分の1くらいの大きさに、飛行機や自動車、蝶などを大まかに形どって紙を切っておきます。これを水や両面テープなどで鏡に貼ります。窓から差し込む光線を鏡に反射させて、部屋の壁に映して見てください。

 切り紙が飛行機らしく、自動車らしくわかったらいいのです。丸でも三角でもけっこうです。光の中にある形がわかればOKです。

 遊びですから、子どもの好きなものがよく、楽しい遊びの中で感覚をきたえたいものです。

 この道具ができたら、天気のいい日に陽が当たる部屋で、親子であお向けに寝ころび、ゆっくり休養しがてら、子どものお遊びの相手をしましょう。

「視覚追跡トレーニング」のやり方

 まず、部屋の隅の下のほうから天井に向かって鏡を動かし、お子さんの注意を促します。

 「あら、あれ何かしら?
タンスからテレビのほうへ飛んでいった
また、タンスのほうに飛んでいった
おや、今度はジッとしている、動かないね」と。

光の動きで注意を引きつつ、その動きに子どもの視線を合わせ、注視し、動くものを目で追う――これらをうまくできるためのお遊びですから、動きに変化をつけ、声がけをしながら遊びます。

 最初は子どもの手の届くようなところには写さず、天井などの遠くて高いところに目を向けさせて遊びます。

 目の動きが鈍くなったら、終わりの合図を出して、

 「はーい、もう疲れました
ガソリン、なくなりました

 と、子どもの手の届くところより下まで画像を動かし、とりにいかせます。

 少し休んで、また始めます。

久保田競
(Kisou Kubota)
1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

 手に映して動かしたり、さっと鏡を裏に向けて光を消したりして、子どもが動いてものを追う遊びも続けてください。

 これは主に「視覚追跡トレーニング」のお遊びなので、鏡自体に興味を持たせないように、お母さんは魔法使いになって、種を明かさないように。

お母さんはなんでもできる素敵な人だと、常に尊敬してもらってください。

 電車の窓から通りすぎていく電柱を数えたり、信号機や踏切を目で追ったりなど、車窓から見えるものを語りかけるだけでも、「視覚追跡トレーニング」は可能です。

 このトレーニングは右から左に、左から右にと目玉を動かすので、眼筋力の強化にもつながります。
 また、パソコン画面で動くものを追うのもいいでしょう。

 3歳をすぎてくると、子どもの興味、好奇心が発達し、知的好奇心がめざましく伸びてくるので、「なぜ」「何」を連発するようになります。

 幼児になっても、まだ上目づかいや、足もとを見ることはしっかりできないものです。

 また、2階から手を振るおばあちゃんを、下からすぐ「おばあちゃんだ」と認識することができません。「ヒコーキだ」と言って音のする上空を指差しても、大きくあごを上げて、口を開けても目は閉じています。頭を後ろに反らすのは不安定な状態なのです。
 ただし、上から下を見ることはできます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田競 [京都大学名誉教授・医学博士]

1932年生まれ。医学博士、京都大学名誉教授。世界で最も権威がある脳の学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、日本人最多の100点以上にのぼり、現代日本において「脳、特に前頭前野の構造・機能」研究の権威。2011年、瑞宝中綬章受章。
『ランニングと脳』『天才脳をつくる0歳教育』『天才脳を育てる1歳教育』『天才脳を伸ばす2歳教育』『赤ちゃんの脳を育む本』『あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法』など著書多数。

久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


1歳からみるみる頭がよくなる51の方法

36万部突破「カヨ子ばあちゃんシリーズ」の最新作!!1・2・3歳で伸ばす親はここが違う!感性豊かな脳を育む五感トレーニングを初公開!【脳科学おばあちゃんからの愛のメッセージ】これからの時代、日本国内で物事を考える「閉じた発想」では通用しません。世界中の子どもたちと伍して、いかに、創造的(クリエイティブ)な子にするかが問われます。歩き始めて1・2・3歳の時期は、「感性(五感)を磨く絶好期」! 自分から動ける子、創造的な子、勉強ができる子、スポーツができる子、おもいやりのある子、心の強い子、円滑な人間関係を築ける子、海外の人たちとも伍してやっていける子――実は、すべて感性(五感)がカギを握っています。今こそ、「日本式伝統育児法」で、日本人が本来持っている豊かな感性をみるみる開花させてください。日本人としての誇りを持ってください。

「1歳からみるみる頭がよくなる51の方法」

⇒バックナンバー一覧