ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流の育て方
【第20回】 2016年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
ムーギー・キム,ミセス・パンプキン

一流エリートが最も子供にさせている「習い事」とは?

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛。また、高濱正伸氏(花まる学習会代表)が「リーダーシップ育成の教科書として、目下最良の一冊」と称する『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』
発売わずか3ヵ月で15万部を突破し、子育てのみならず、ビジネスやあらゆる分野のリーダーシップを伸ばすビジネス書として、異例のベストセラーとなっている本書の内容から「本当にためになる」育て方の秘密を公開する。

外国語教育は、幼少期から慣れさせる──幼児期に英語を学べなかった後悔は大きい

●英語に親しめる環境で育ててほしかった
 昨今のグローバル化の進展を考慮し、幼少期は英語圏で生活することが効果的だと思います。私は日本で生まれ育ったため、いまだに英会話に苦労していますが、幼少期に英語圏で生活することによって、語学の問題が解決されるだけでなく、より幅広い視点で物事を考えられるようになると思います。(東京大学大学院工学系研究科Mさん)
●子どものころから英語をやっていた相手には勝てない
 帰国子女や、英語教育に力を入れている名門幼稚園から英語を続けてきた友人たちを見ていると、中学から英語を始めた者には超えがたい英語力がついていると思いました。少々無理をしてでも幼少期に英語圏で生活するか、幼稚園から英語に親しむ環境で育ててほしかったです。(東京大学大学院経済学研究科金融システム専攻Nさん)

母国語の大切さを、外国語回避の言い訳にしてはならない──英語ができなければ「門前払い」の仕事も多い

 アンケートでは幼少期から外国語教育をしてほしかったという学生さんの声が多く聞かれましたし、実際に幼少期からの英語教育熱が急速に高まっています。

 最近わが家に招いたお客様のお一人が、小学1年生の息子さんを連れてきました。中央官庁で官僚をしていた日本人父子ですが、親子の会話は英語でした。

 不思議に思って聞きますと、子どもさんを、すべての科目が英語で教育されるインターナショナルスクールへ通わせているそうで、家でも英語で通していると言います。ご夫婦とも英語が堪能で、仕事でも英語ができることからくる優位性を身に沁みて感じていることからそうすることに決めたとのことでした。

 そういえば香港で活躍している韓国人夫妻も、同じような経験から子どもさんを、インターナショナルスクールへ通わせていました。

 早くから子どもに英語を学ばせるかどうかは、どのような子どもに育てたいかという親の理念とも密接に関係してくると思われます。

 英語を駆使して世界で活躍している人たちの話を聞いていますと、子どもには是が非でも早期の英語教育を受けさせたいと願っている人が圧倒的に多いです。

 英語の早期教育賛成派の人は、脳の働きが柔軟なうちに、ネイティブの発音を覚え、ネイティブが母国語を覚えるように英語を覚えていく効用を主張します。これに対し英語を勉強させるのは10歳以降からでいいという人たちは、発音のレベル等で多少遅れを取っても、むしろそれまでに母国語で細やかな感情表現ができたりする能力を身につけさせるべきだと主張します。

 私自身は、母国語もしっかり学ぶという条件付きですが、外国語教育は幼少期から徹底的に始めたほうがいいと思います。というのも、私の子どもは結果的に全員欧米に留学したり勤務することになりましたが、海を渡った時期が早い順に、英語の発音や使い方がうまいもので、この差には明白なものがあります。

 私の周囲でも、欧米人の先生が営む英語塾に通い、ネイティブに近い発音で英語の詩を暗唱できる幼稚園児が何人もいます。小さいころから英語を続けて中学生になった子どもさんは、学校での教科書の進捗はおかまいなしに、どんどんその力を磨いていくことが多いです。

 もちろん、外国語教育に熱を入れるあまり、母国語がおろそかになり、思考力の発達が遅れるようでは本末転倒です。ですが、幼少期から母国語を学ぶことと外国語を学ぶことは、決して二項対立の概念ではなく、並行して学ぶことが可能です。

 外国語の重要性は、英語を使う職場で働いたことがない「親の世代」が古い価値観で判断してはいけないものです。英語ができるだけで良い仕事(望む仕事)を得られるわけではありませんが、英語ができなければその入り口にも立てないことも多いという時代に変わってきています。

 ちなみに、私たちの世代では外国語といえば英語でしたが、今では中国語やインドネシア語など、さまざまな言語を学ぶメリットが高まっています。重ね重ね古い世代の古い価値観で、言語教育観を押しつけないようにしたいものです。
(※この原稿は書籍『一流の育て方』から抜粋して掲載しています)

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。

ミセス・パンプキン

1947年生まれ。立命館大学法学部卒業。一般的な家庭でありながら、4人の子どもはそれぞれ、プライベートエクイティ・プロフェッショナル、ニューヨーク州弁護士やロンドン勤務の公認会計士、カナダの大学教員などグローバルに活躍するプロフェッショナルに成長。東洋経済オンラインでの長期にわたる人気連載「ミセス・パンプキンの人生相談室」では膨大な数の育児相談をこなし、さまざまな家庭の問題について、洞察あふれるアドバイスを提供している。


一流の育て方

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛! “グローバルエリート”ムーギー・キム氏と、子育て連載でバズ記事連発のミセス・パンプキン氏が膨大な「家庭教育調査」から著した画期的な一冊『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子』を育てるから、そのノウハウを大公開する。

「一流の育て方」

⇒バックナンバー一覧