ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自工程完結 ウェブ版
【第19回】 2016年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木眞一

自分勝手な人の働き方とは?
トヨタの自工程完結をめぐる「3つの輪」
「自工程完結」はトヨタに何をもたらしたのか(4)

トヨタの自工程完結』を進めていくときに、「やるべきこと」「やれること」「やりたいこと」という3つのやることの話をします。それらのバランスからいくつかの仕事の本質が見えてきます。

 「自工程完結」推進を唱えるとき、私がよくする話があります。人間には、三つのやることがある、ということです。「やるべきこと」「やれること」「やりたいこと」です。

 「やるべきこと」と「やりたいこと」がくっついている人は、きわめて使命感の強い人だと思います。これをやらないといけないんだけど、本当はやりたくない、という人は残念ながら、あまりいい仕事ができない。

 また、「やるべきこと」と「やれること」がイコールだという人は、端的に能力がある人、ということになるでしょう。

 では、「やりたいこと」と「やれること」がくっついてしまった人は何かというと、これは自分勝手、ということになります。

 しかし、往々にしてあるのです。「やれること」と「やりたいこと」がくっついてしまい、「やるべきこと」がどこかに飛んでいってしまう人が、です。だから、「やれること」と「やりたいこと」をくっつけてしまわないように、気をつけなければいけないのです。そのために、「やるべきこと」を常に意識する必要があるのです。

 「自工程完結」というのは、すなわちこの「やるべきこと」を意識することが重要で、「目的・ゴール」は何か、というところから始まり、それを達成するために、「プロセス/手順」や「判断基準」「必要なもの」を決めていく。

 つまり「自工程完結」があれば、「やるべきこと」と「やれること」をくっつけることができるのです。そこに「やりたいこと」が加わればベストですが、これこそまさにモチベーションということになるでしょう。

 「やるべきこと」と「やれること」がうまく合わさって結果が出るようになれば、それはやがて「やりたいこと」になっていく可能性は高いと私は考えています。三つの輪が、見事に重なってくるということです。
 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタの自工程完結 ウェブ版

トヨタが現場からオフィスまで、全社で取り組んでいる「自工程完結」という考え方を現役幹部が紹介。仕事の進め方が変わる!

「トヨタの自工程完結 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧