ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社長の育て方~次期経営者・幹部の育成方法

「ウチの会社には後継者がいない」。そう悩む経営者は少なくない。いま日本の企業では「後継者不在」の状況が同時多発的に起きている。この経営課題を解決するためには経営幹部育成制度やシステムの導入など、明確に「幹部育成」を目的化し、それに向けて取り組むことが必要になる。人材開発を支援するプロフェッショナルファーム、株式会社セルムの加島二代表取締役社長が解決策となる「社長の育て方」を語る。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「社長の育て方~次期経営者・幹部の育成方法」の全記事一覧
  • 第5回 社長は「作れるもの」。その意識が日本企業とビジネスを変える! 

    [2016年01月27日]
    経営者の育成を考えるうえで、ひとつ理解しておきたい重要なことがあります。それは社長には最適な就任期間があることです。これは6社の国際優良企業の経営者を務めた経営のプロフェッショナルである新将命さんが著書のなかで「最適社長就任期間は6年」と書いています。

  • 第4回 成功企業が実践している「正しい社長の育て方」 

    [2015年12月23日]
    会社の将来を担う次世代社長を上手に育てている企業も多い。そうした企業は育てた人材をリーダーとしてどのように登用しているのか?改革期には次期社長をどう選び、育てているか?そのために経営者がしていることとは?今回はその成功事例を見ながら考えていく。

  • 第3回 経営者は本気で「リーダー育成」を考えているか? リーダー育成に欠かせない具体的な方策「タレントマネジメント」とは

    [2015年11月25日]
    会社を変えたい、新規事業で成長戦略を進めたいと考えていても、それを担う人材がいないために次の一手を打てない会社が少なくありません。どうして、そんなことが起きているのでしょうか。これは、現業で成功している会社は、それまでの「成功体験」をベースに組織も人材も形づくられているという点が大きく影響していると思います。

  • 第2回 経営者育成に必要なことは「修羅場を経験させる」
     

    [2015年10月28日]
    部長職までは従来通り、全社員を対象にOJTや研修を行うことが大切ですが、部長職以上には、「サバイバルによる勝ち抜き戦」を導入することが必要です。なぜなら、部長職以上の経営層には戦略が、一般の社員には戦術が求められます。戦略とは「何をやるべきかを決めること」であり、戦術は戦略を実現するために「やり抜くこと」が求められるからです。

  • 第1回 日本企業は同時多発的に「リーダー欠乏症」に陥っている 

    [2015年09月30日]
    ここ数年、企業の経営者から「後継者が見つからない」という話を聞くことが増えました。企業の規模を問わず、その数も10社や20社ではありません。結論から言うと、日本はいま、同時多発的な「リーダー欠乏症」に陥っています。なぜこのようなことになっているのでしょうか。

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事