ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【スペシャル対談】前田鎌利×横田伊佐男
【第5回】 2016年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田鎌利,横田伊佐男

トランプvsヒラリー、いよいよ決着!?
選挙戦を左右する
「最高のコピー×最強のプレゼン」術とは?
【スペシャル対談】前田鎌利×横田伊佐男(第5回)

1
nextpage

いよいよアメリカの大統領選挙が近づいてきた。トランプとヒラリー・クリントンはお互いどのようなメッセージを大衆に発信し、どのように選挙戦を渡り合ってきたのか?
11月2日に満を持して開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座 “100%一発説得”最高のプレゼン術×最強のコピー術」に登壇する、ベストセラー『社内プレゼンの資料作成術』著者の前田鎌利氏と、神田昌典氏から「今後100年歴史に刻まれる名著」と評された『最強のコピーライティングバイブル』著者の横田伊佐男氏が語り尽くす。(構成:前田浩弥)

「キャッチコピーの4大法則」
を押さえたトランプ

――11月8日に予定されているアメリカ大統領選挙。クリントン氏優位と言われていますが、トランプ氏も大きな存在感を示していますね。ここまでの選挙戦を「コピーライティング」「プレゼン」の両面から、お2人で振り返っていただけないでしょうか。

横田 伊佐男(Isao Yokota)
CRMダイレクト株式会社代表取締役。東京都生まれ。横浜国立大学大学院博士課程前期経営学(MBA)修了。シティグループ、ベネッセグループにて、一貫してマーケティングに従事。約6000商品のプロモーション経験、大手企業100社超のコンサルティング経験を体系化し、2008年に独立。「使えなきゃ意味がない」を信条に、使えて成果につながる戦略立案を徹底的にたたき込む日本唯一のプロフェッショナル・マーケティングコーチ。企業や受講者の課題点をすばやく摘出し、短時間で確実な成果へと引き上げる「超訳力」を駆使したマーケティング研修講座は、上場企業ホールディングス、政府系金融機関、欧州トップの外資系金融企業、意欲ある中小企業経営者等からの依頼が絶えず、これまでの受講者はのべ2万人を数える。ダイレクトマーケティングフェア、CRMカンファレンスなど講演多数。著書に、『最強のコピーライティングバイブル』(ダイヤモンド社)、『一流の人はなぜ、A3ノートを使うのか?』(学研パブリッシング)、『ケースブック 価値共創とマーケティング論』(分担執筆、同文舘出版)がある。2016年10月から横浜国立大学非常勤講師(国際マーケティング論)。横浜国立大学成長戦略研究センター研究員。

 横田伊佐男さん(以下、横田) まぁ、まだどうなるかまったくわかりませんが……(笑)。これまでを振り返るという限定をつけたうえで言うと、トランプはもともと「にぎやかし」のような、ダークホース的な見方をされている候補だったのに、あれよあれよと大衆を巻き込んで勢いに乗り、大統領の有力候補になった。
 そして、クリントンを脅かす存在にまでなった。ここまで登ってこられたのは、彼とその側近のコピーライティング力に大きな要因があると考えています。

――どういうことでしょうか?

横田 トランプ陣営が発信してきた言葉が非常に強いんですよね。
 ところが、ヒラリーの言葉はどうもブレているように感じられ、ちょっと弱い。
 少し分析してみましょう。
 11月2日に開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」で詳しくご説明するのですが、私は、「刺さるキャッチコピー」には4つの法則があると考えています。

★キャッチコピーの4大法則★
法則1:得になる ⇒「お得感」はあるか?
法則2:新情報 ⇒「新しさ感」はあるか?
法則3:好奇心 ⇒「珍しさ感」はあるか?
法則4:簡単な方法 ⇒「お手軽感」はあるか?

 これを踏まえて、両陣営のキャッチコピーを比べてみましょう。
 トランプは「Make America Great Again(偉大なアメリカよ、再び)」。
 このフレーズには、近年、国力を低下させているアメリカのパワーを、もう一度取り戻すのだというメッセージが端的に表されています。
 とくに「Again」という単語が「昔は強かったけど、今はその強さを失っている。もう一度強さを取り戻すのだ」とあおる効果を担っていて、「法則3:好奇心」をそそります。
 また、そもそもアメリカ人は「強いものへのあこがれ」が大きい人たちです。大きい、強い、一番、そういうものを好みます。
 だから「Great」という単語も大好きなんですね。
 この語感が、とくに格差社会の貧困層を中心に、「自分たちが弱くなっている」「強くなりたい」という不満をもつ人たちに響いていると考えられます。
「法則1:得になる」に合致しているんですね。
 また、キャッチコピーは4語でとてもシンプルなので、「法則4:簡単な方法」も訴求できています。 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前田鎌利 

まえだ・かまり 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。著者のプレゼンテーション術を実施した部署で、決裁スピードが1.5~2倍になることが実証された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー、株式会社ベネッセコーポレーション、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、全国でプレゼンテーション・スクールを展開している。


【スペシャル対談】前田鎌利×横田伊佐男

◆きたる2016年11月2日に、本当に使えるコンテンツを提供する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」が初開催! “100%一発説得”最高のプレゼン術×最強のコピー術!ダイヤモンド社が誇る2大ベストセラー著者が徹底指導!記念すべき初開催を飾る講師は、あのソフトバンクの孫正義氏を「3分で一発OKを連発させた」前田鎌利氏と、「日本一のマーケッター」神田昌典氏から「今後100年、歴史に刻まれる本だ!」と太鼓判を押され、横浜国立大学のマーケティングの授業でコピーライティングを教える横田伊佐男氏。2016年11月2日(水)の1日限り!ダイヤモンド社が誇る本当にコンテンツがある2人の著者が本気で初響演する史上初の企画!!しかも、スペシャルランチ&懇親会(同会場)付きの特別企画。この唯一無二のチャンスを絶対にお見逃しなく!

「【スペシャル対談】前田鎌利×横田伊佐男」

⇒バックナンバー一覧