ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

金融支援を仰いだユニチカはどう反転攻勢に出るのか

ユニチカ社長 注連浩行

週刊ダイヤモンド編集部
2016年9月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

繊維業界の名門、ユニチカが金融支援を仰いでから約2年。復活に向けた改革と今後の目標について、注連(しめ)浩行社長に聞いた。

Photo by K.S.

──2014年、主要取引銀行とファンドから総額375億円の金融支援を取り付けました。不採算事業からの撤退といった事業のポートフォリオ改革を一気に進めると共に、成長投資を行うことが目的でしたが計画の進捗状況は?

 15年度で事業ポートフォリオ改革はおおむね完了しました。業績にマイナスの影響が大きく出るようなことは、もうありません。

──メディカル事業など、黒字事業の整理も進めました。

 これまでも、積み上げた利益の範囲内でできる構造改革は自力でやってきましたが、それらは赤字の事業や会社の処理がほとんど。今回は限られた経営資源をどこに投入するかという観点で、コア事業(世界トップシェアを握る食品包装用ナイロンフィルム等を展開する高分子事業など)とはシナジーのない事業や会社などについては、譲渡も行いました。

──まさに聖域なき改革。「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール部の拠点だった貝塚事業所(大阪府)も売却しました。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月8日号 定価710円(税込)

特集 国税は見ている 税務署は知っている

あなたに迫りくる徴税包囲網の真実

【特集2】
企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧