グローバルで事業展開する企業がまず直面する課題は、国内外のグループ会社でばらばらの経理システムをいかにして統一するかだ。経理システムがばらばらのままだと、決算業務に時間がかかるだけでなく、経営に不可欠な情報をタイムリーに提供することも難しくなる。その結果、業務効率は下がり、コストもかさむ。この課題を、日本通運はいかにして解決したのだろうか。

 日本通運は、創立100周年を迎える2037年に向けて、「グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニーに成長する」という長期ビジョンを掲げている。現状で約20%強の海外売上高比率を37年に50%まで高めることがその数値的な目標だ。

 その実現のために現在同社が進めているのが、国内外のグループ全体で経理システムを統一することだ。これによって決算に関する社内ルールや業務プロセスが世界中で標準化され、ガバナンスが強化される。裏を返せば、経理システムの統一なくしてバックオフィスの高度化、ひいてはグループ経営の高度化は実現できない。

 本資料では、日本通運が、クラウド型決算プラットフォーム 「BlackLine」を導入して、どんなステップで経理業務のグローバル統一を実現しようとしているのかについて紹介する。グローバル展開を進める企業にとっては大いに参考となるはずだ。

資料ダウンロードのご案内

グローバルなロジスティクスカンパニーへの飛躍を目指し、国内外のグループ会社で統一した経理システムを構築

<主な内容>
・日本通運が進める「プロジェクトITS」とは
・3つの基本方針に基づき「BlackLine」を導入
・タスク管理と勘定照合機能をベースに決算業務フローの標準化と見える化、 ガバナンス強化を推進
・SAP S/4HANAの機能を補完し、価値を最大限に引き出す
・業務現場の気づきを促し上流部分のあるべき業務プロセスの見直しへ
・バックオフィス高度化とDX推進で求められる経理部門のリーダーシップ

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、

に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。

ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら