ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

証券業界の再々編を見込む
大和証券“筆頭株主”の皮算用

週刊ダイヤモンド編集部
2010年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー

 証券大手、大和証券グループ本社の筆頭株主である米ファンドが、大和株のさらなる買い増しを推し進めている。

 11月1日、保有比率を10.01%と2ケタの大台に乗せたのは、米投資顧問のハリス・アソシエイツ(本社イリノイ州)が運用する「オークマーク・インターナショナル・ファンド」だ。運用額は約4880億円。そのうち大和株への投資比率は3.2%で2番目に多い(9月末時点)。

 ハリスが関東財務局に提出した大量保有報告書によれば、ハリスは2007年7月に大和株の5%強を保有して以降、同年9月には6.17%の筆頭株主に躍り出ていた。今年3月末時点で第2位株主の三井住友銀行が1.73%であることを鑑みれば、ハリスの保有比率の大きさがわかる。

 かくも大量に買い進める理由として、ハリスは「最大手の野村證券に比べて、大和は手ガネを使ったリスクの高いビジネスではなく、手数料で稼ぐ堅実経営だから」(ポートフォリオ・マネジャーのロブ・テイラー氏)と説明する。にもかかわらず、現在の株価は320円前後と「割安過ぎる」(同)というわけだ。

 だがこうしたハリスの行動には、別の思惑も見え隠れする。大和が近い将来、別の金融機関と資本提携する、あるいは買収される可能性を視野に入れているようなのだ。

 というのもこのハリスというファンド、かつて業界大手の日興コーディアルグループで不正会計が発覚し、株価が急落したときにも、日興株を7%以上買い占めた過去がある。その後、米シティグループが日興買収を決定した際にうまく売り抜けている。

 このとき、「簿価1200円前後で、約1700円で売った」(関係者)というから、約350億円の売却益を得たと見られる。つまり、これに味を占めたハリスは、今度は「大和が業界再編の引き金となり、多額の利益が見込める」と皮算用しているフシがあるのだ。

 「日本の証券会社の数は依然、経済規模に比して多い。大手5社は、いずれ3社くらいに再編されるのではないか」(同)とハリスが見ている背景には、大和自身の苦境もある。

 昨年12月に三井住友銀行との合弁を10年ぶりに解消。銀行の後ろ楯をなくした大和は今年上半期、株式の引受額で前年同期の3位から7位へ転落。「ホールセール(法人部門)が今期も赤字となり、格付がこれ以上下がれば、ビジネスが成立しなくなる」(大和幹部)ところまで追い詰められている。

 ハリスはあくまで「現時点での見込み」としながらも、大和株の保有期間は「3~5年」という。ただ、それまでに自力で株価を上げていかなければ、かつての日興の二の舞いとなる可能性もある。まさに大和は、試練のときを迎えている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 池田光史)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧