長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉
【第30回】 2016年9月8日 樋口直哉 [小説家・料理人]

なぜカルピスの生みの親は90歳でも現役でいられたか

イラスト/びごーじょうじ

 日本初の乳酸菌飲料カルピスを生み出した実業家、三島海雲は90歳を迎えてなお現役という長寿者だった。彼は89歳の時に自らの健康法を披露している(『私の履歴書』より)。

 まず1日の時間を、10時間を睡眠に、4時間を執務に、2時間を読書に割り振り、そして残る8時間を体力維持のための時間と定め、規則正しい生活を送っていたという。

 次に食生活についてだ。彼は天海僧正と当時日本一の長寿者だった中村重兵衛を参考に「生きた海水魚、すなわち伊勢エビ、車エビ、まきエビ、アワビ、カキ、ウニなどを生きたまま食べること」を尊んでいた。特にアワビの肝は効果が早い、と三島は語っている。確かにエビ類は高タンパク、低脂肪、アワビやカキなどは亜鉛などのミネラルを多く含む健康食である。

 3つ目に挙げているのが散歩である。医師から「足が弱ると脳の働きが悪くなる」と教えられた三島は毎日、朝食前に4000~5000歩を日課としていた。足は第2の心臓と言われ、全身の血流量と深く関係している。軽度の認知症であれば軽い筋肉トレーニングで改善されるという実験結果もあり、三島の健康法は理にかなっている。

 さらに彼は1日3回、食事の前に温浴をして、手足を温めていた。就寝前の全身入浴を含めると1日4回、温浴していたことになる。温浴にも毛細血管の減少を防ぐ効果が期待できる。人間は加齢とともに血流が悪くなり、毛細血管が減少していく。すると栄養素や酸素が体の隅々まで行き渡らなくなってしまうのである。そこで重要になるのが運動や温浴。これらの習慣によって血流がよくなり、結果として毛細血管の減少を防ぐことができる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉

1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。

「長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉」

⇒バックナンバー一覧