ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日銀も購入する東証REITは
為替リスクない高利回り商品

山独活継二
2010年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日銀は金融緩和政策の一環として、REIT(不動産投資信託)の500億円買い付けを決めた。その効果は間接的ながらも期待できそうである。

 REITの利点は不動産セクターの株式と同様のリターンが期待できる一方で、利益の90%以上を分配金とすることにより法人税を免除できることから一般企業の配当以上の高配当が享受できることにある。
グラフに見るように、配当利回りの平均は5%を超えており、東証平均の2%よりも高い。では、他の国もそうなのかというとそうではない。オーストラリアREITの利回りは高いが株価指数の配当も10年国債の利回りも高い。

 REITと国債のスプレッド(REITの配当利回り-10年国債の利回り)を見てもわかるとおり、日本市場における直近の乖離は大きく、国債と比較してもお得感が高い。REITと株価指数のパフォーマンスを比較してもリーマンショック前はREITのほうが高い時期があり、現状でも遜色ない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧