ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

出世を諦めフリーへ、「5つの進路」の明と暗

秋山進 [プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役]
【第51回】 2016年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「独立したい」という
40後半~50前半の友人は安易か?

40代~50前半で人生の岐路に立った時、独立という道を選んでも良いのはどんな人でしょうか?

 ここ最近、友人から相談を受けることが多くなった。

 「そろそろ会社を辞めて独立しようと思うんだけど」

 「おや、社長を目指してたんじゃなかったの?」

 「ライバルの事業部門のほうが圧倒的に優勢で、当分うちの部門の出身者は日の目を見そうにないわ。いっそのことスパッと辞めて独立し、複数の新興ベンチャーの技術顧問でもやろうかと思うんだけども。お前、こういうのは詳しいだろ」

 「まあ、ずっと支援してきたから詳しいことは詳しいけど、技術顧問 “でも” やろうか、といった安易な気持ちだとだいたい失敗するよ」

 40代後半~50代前半の世代は、会社でのキャリアの天井がほぼ見えてきている。いまだにトップランナーとして頂上を目指している人もいるが、そろそろ会社に依存せず、自分がこれまで培ってきた能力と自分の名前で社会とわたりあう生き方をしてみたい、と思う人も一定数いる。

 ただ彼らの多くは、ベンチャービジネスを起こし、資金を調達し社員をたくさん雇って会社を大きくするといった事業家マインドの持ち主ではない。原則的に一人で、自分の持つ専門能力や問題解決技術を複数の企業に提供する事業のあり方を志向している。弁護士や税理士などの士業に近い。こういう働き方をする人を“インディペンデント・コントラクター”と呼ぶが、私はかつてこの働き方を選ぶ人たちの活動を支援するNPOを設立したこともある(現在も3代目の理事長のもと積極的に活動している)。

 これらの経験を踏まえ、それなりにキャリアのある人が会社を辞めて独立したら、どんな風になっていくのかのリアルな状況を描写してみたいと思う。

ひとりで働く方法には5つのパターンがある

 会社を辞めてひとりで仕事をする人はたくさんいるが、良く見ると、5つのタイプに分かれる。まずは下記の図を見てほしい。

 縦の軸は、企業から依頼される業務の範囲の広さに基づく分類である。多面的とは、多様な業務をその顧客と一緒に長時間にわたり行うという意味である。その典型こそが“社員”なのだが、独立していてもこれに相当する人がいる。たとえば、顧客のオフィスに席があり、そこで長い時間を過ごす“常駐”なのに“社員じゃない”人だ。一方、限定された業務の範囲だけを担当し、仕事の打ち合わせのときだけ会議室で会う、またはメールでやり取りするだけで仕事を済ますといった関係は、局面的な関係となる。

 横軸は、顧客との相対的な力関係である。当人が持っている知識やノウハウ、人脈などが、その企業から見て魅力的な場合は、相対的にみて個人が強い立場にある。逆に他者によって代替可能であり、またその他者が容易に見つかるような状況にあれば、弱い状況にある。たとえばビッグデータを縦横無尽に分析し、顧客の購買行動の法則を見つけ出すことのできるような人ならば、現在需要に比べ圧倒的に供給が足りないから、顧客に対して相対的に強い立場に立つ。監督官庁に顔が利くというのは大きな価値だが、同様の人がその場所にたくさんいれば相対的な力は弱いものとなる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

秋山 進 [プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役]

リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業からベンチャー企業、外資、財団法人など様々な団体のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、サーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。京都大学卒。国際大学GLOCOM客員研究員。麹町アカデミア学頭。

著書に『「一体感」が会社を潰す』『それでも不祥事は起こる』『転職後、最初の1年にやるべきこと』『社長!それは「法律」問題です』『インディペンデント・コントラクター』『愛社精神ってなに?』などがある。


組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

日本には数多の組織があり、多くの人がその中に属しています。組織は、ある目的のために集まった人たちで成り立っているにも関わらず、一度“病”にかかれば、本来の目的を見失い、再起不能の状態へと陥ります。しかも怖いのが、組織の中の当人たちは、“病”の正体が分からないどころか、自分たちが“病”にかかっていることすら気づけない点です。

この連載では、日本の組織の成長を阻害している「組織の病気」を症例を挙げて紹介。コンプライアンスの観点から多くの企業を見てきた筆者が考える治療法も提示します。

「組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進」

⇒バックナンバー一覧