ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

 インターネットやソーシャル・メディアの普及に伴い、顧客の在り方は大きく変わった。と同時にビッグデータの分析・活用により、顧客の行動やニーズが細かく把握できるようにもなってきた。あらゆる業界で、企業が取り組めるデジタルによるマーケティングの可能性は大きく広がっている。この潮流を成長の原動力に変えるために、企業経営者は新しい消費者とマーケティングにどう立ち向かうべきか。

恩藏直人 早稲田大学商学学術院教授 同大学理事

 日本のマーケティング理論研究の第一人者、早稲田大学理事の恩藏直人教授は、次のように解説する。

 「『ほとんどの日用品をネットで買う』だけでなく、検討に比較的長い期間が必要な自動車でさえ、『ディーラーに一度しか行かずに買う』(つまり、車種は決めていて契約だけをしに行く)という顧客が登場している。購入を決めるまでの総情報量は一定だとすると、ネットから得られる情報が顧客の行動のほとんどを決定づけている」

 同時に、ネットでは口コミやブログなど、他の顧客が企業の代わりに情報を提供しており、それらを参考にする場合が多い。これを「顧客代行」といい、購買を左右する重要な情報となっている。

 恩藏教授は、このような新しい消費者に対して、デジタル広告で臨むことが、マーケティング理論にも適った方法論であると指摘する。だが同時に、「一度でも抱かれた悪印象は取り返しがつかない」とも指摘する。単にデジタルを導入するだけでなく、消費者に嫌われない適度なバランスは特に重要だと言うのだ。

 下記からダウンロードできる資料では、恩藏教授によるマーケティング理論とデジタル広告の正しい関係を解く解説記事に続き、マーケティングテクノロジー企業であるAdRollの香村竜一郎社長による「顧客に寄り添うデジタル広告」の実践的導入法を紹介している。すべての業種のマーケティング責任者、そして経営者にとってマーケティングの最先端を理解する助けになる文書だ。

資料ダウンロードのご案内

日本企業のマーケティングは
こうすれば改善する!

<主な内容>
Part1
恩藏 直人 早稲田大学商学学術院教授 同大学理事

・新しい消費者を理解するための2つの大前提
・ネット広告はマーケティング理論に適っている
・消費者の課題を解決する情報提供が必要
Part2
香村竜一郎 AdRoll代表取締役社長

・日本のデジタル広告はどこまで進化したか
・データを信頼し身を委ねる覚悟を
・マーケティング施策を「開発予算」の考えで実施する

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、AdRoll株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

AdRoll株式会社

〒106-8553 

東京都港区六本木6-1-24 

ラピロス六本木3F

E-mail:japansales@adroll.com




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧