ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
論語と算盤と私
【第2回】 2016年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
朝倉祐介

かつて渋沢栄一は30代前半で第一国立銀行を設立!
現代日本の年齢・経験重視の風潮が競争力を阻害
10/7発売『論語と算盤と私』より一部公開!

ビジネスパーソンの多くが1日の大半を過ごす「会社」について、改めて考える機会はさほどないかもしれません。ただ、会社という人の集まりが持つ多義性とフィクション性を知り、向き合う視座を培うことが、“独立して”生き続けるために必要だ、と10月7日発売『論語と算盤と私 ――これからの経営と悔いを残さない個人の生き方について』の著者、朝倉祐介さんは言います。同書の発売を記念し、全体のエッセンスがギュッと凝縮された「はじめに」の後半を昨日の前半に続いてご紹介します。

 もっとも、私のように経験の浅い人間が大上段で「経営」を語るというのは、なんともおこがましいことだとも感じます。読者諸賢のなかには、「経験といっても、社会人経験も乏しい小僧じゃないか」とお叱りの向きもあるでしょう。浅学非才の身であることは、ほかならぬ自分自身が一番よく理解しています。とりたてて確信めいた理論を、自分自身のなかで構築できているわけでもありません。

 とはいえ、考えてみれば現在の自分の年までは、坂本龍馬も吉田松陰も高杉晋作も生きながらえてはいませんでした。ミクシィ代表に就いた際も年齢のことを散々言われたものですが、約140年前、渋沢栄一は30代前半で第一国立銀行を設立しています。

 先人の偉業を思うと、いつまでも経験不足を口実に口ごもるのもまた浅薄な気がしますし、何かにつけて年齢や経験を取り沙汰するメンタリティが、日本全体の潜在的な競争力を阻害しているようにも感じます。拙いなりにも自分の考えを棚卸しして、読者のみなさんにご披露することにも、幾ばくかの意味を見出すことができるのではないかと思う次第です。

 読み進めていただくとお気づきになるかと思いますが、私の言動は必ずしも首尾一貫しておりません。多分にいい加減な性格であるのもさることながら、従業員・経営者、コンサルティングファーム・事業会社、スタートアップ・上場企業、売却側・買収側、調達側・投資側と、異なる立ち位置を経たこともあって、企業を取り巻く事象について語るべき切り口が定まらないことが大いに影響しているように感じます。基本的には経営者としての視点を軸にして考えを述べるよう試みてはおりますが、ところどころ、「誰の目線で物を言っているのだ」とお感じになる点もあることでしょう。なんだか随分といい加減な物言いにお感じになるかもしれませんが、そんなものだと思って話半分にお付き合いください。

 一方で立ち位置の定まらない異邦人であったことは、私が仕事に携わるなかで大いにプラスに働いたとも感じています。それぞれの世界では当たり前に受け止められている出来事であっても、アウトサイダーである私には風変わりな奇習に映り、批判的に観察することができたからです。

“生身”の人間が携わることの難しさと面白さ

 また『論語と算盤と私』では、事業の成否を決する要素について、外部要因のみならず内部要因の側面に触れることを意識して執筆にあたりました。その時々の需給関係、競争環境、技術革新といった業界動向に関する描写は、主に外部要因について説明したものであり、当事者ではない外部の人間からでもある程度は客観的に観察可能な対象です。事実と論理によって記述できるという意味において、語りやすい企業活動の側面であると言えるでしょう。

 一方で、会社には生身の人間が携わっています。自身の会社での活動を改めて振り返ってみると、外部要因以上に内部要因の調整や解決に、より心血を注いできたように感じます。必要とされたのは、時に論理以上に情理であり、経済合理性では説明できない、心理面にまで踏み込んだ洞察が求められる局面が多々ありました。この類の話はなかなか外部からは窺い知ることができませんし、どうしても主観的な内容になってしまいます。また、それぞれの会社が置かれた特殊な状況によって採るべき打ち手も変わってくるため、普遍化して体系立てた説明がしにくい領域であるとも思います。

 しかしながら、外部の人間から見ると打ち手が明確で、「この会社はこうすればいいのに」と感じられる焦れったい状況であっても、内部にはそうした打ち手を実現できないことにはできないなりの理由があるものです。理屈で「あらまほしき世界」を考えたうえで、それが実現できない内部的な理由を一つひとつつぶしていき、現実を可能な限り理想に近づけていくこと。これが、事業をうまく回す勘所ではないかと思うのです。これが同書であえて、主観的な内部要因にまつわる話をできるだけ盛り込みたかった理由です。

 多くの会社に当てはまるものかは甚だ心許ないところではありますが、なるべく私自身が経営の現場で見えた景色を一般化してお伝えするよう、心がけたつもりです。

 本書は言うなれば、私なりに培っていくべき「経営観」に関する中間レポートという位置づけです。まだまだ生煮えの考察ではありますが、読者のみなさんが個々人の「経営観」を築かれるうえで、多少なりとも参考、あるいは叩き台、踏み石になるのであれば、私にとってこれに勝る喜びはありません。(続きはぜひ書籍『論語と算盤と私』でお楽しみください!

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


朝倉祐介(あさくら・ゆうすけ)

1982年生まれ。兵庫県西宮市育ち。中学卒業後に騎手を目指して渡豪。身体の成長に伴う減量苦によって断念。帰国後、競走馬の育成業務に従事した後、専門学校を経て東京大学法学部卒業。在学中にネイキッドテクノロジーを設立。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、ネイキッドテクノロジーに復帰し代表に就任。同社の売却先となったミクシィに入社後、2013年より同社代表取締役に就任し、業績の回復を機に退任。2014年よりスタンフォード大学客員研究員。複数企業の取締役、アドバイザーを務めるほか、起業経験者によるスタートアップ投資活動(Tokyo Founders Fund)も開始している。


論語と算盤と私

希代の若手リーダーとして注目される朝倉祐介さんによる初の著書『論語と算盤と私』をご紹介していきます。中学卒業後に騎手を目指して渡豪し、身体の成長に伴う減量苦によって断念。帰国後、競走馬の育成業務に従事するも交通事故によって再び断念を余儀なくされ、専門学校を経て東京大学へ進学・・・とここまでも異色の経歴ですが、その後も、大学在学中に友人と興したスタートアップの経営 + マッキンゼーでのコンサルティング業務 + 社長としてミクシィの立て直しに奔走 + スタンフォード大学StartXのメンターや投資家としての活動・・・と多面的に活躍。本書では、そうしたさまざまな立ち位置を経験したからこそ体得し得た経営哲学が縦横無尽に語られます。
実務家経験と戦略的思考、抽象化能力を併せ持つ著者の率直な語り口からは、経営や組織、事業のありかた、資本市場との関わり方、個人の生き方を考えるうえでの多くの気づきをきっと得ていただけるのではないでしょうか。

「論語と算盤と私」

⇒バックナンバー一覧