ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第28回】 2016年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

生涯フラれつづけた哲学者・ニーチェ

1
nextpage
『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』より

哲学書とは一言でいって「変わり者が生涯をかけて追求した“独特なひらめき”が載っている本」とも言える。ニーチェ、ルソー、サルトル、など一度は名前を聞いたことがある哲学者の中にも変わり者は多く存在した。哲学者の中にはアカデミックな世界でのエリートと、社会不適合な変人が混在しているのだ。日本人に一番馴染み深いであろう“ニーチェ”も天才と変人の紙一重であった。そんなニーチェは「好きな人にはモテない」という西野カナの歌詞にありそうな悩みを抱えていたのだ。

「俺を満足させるには三人の女が必要だ」と豪語しつづけたニーチェ

 ニーチェは「俺を満足させるには三人の女が必要だ」とか「女に会いに行くなら、鞭を忘れるな」など百戦錬磨のプレイボーイのような言葉を残しながらも、生涯モテなかったといわれている。

 またニーチェが晩年、発狂した理由として売春宿で梅毒にかかったことが原因ではないか!?という説もある。

 女性経験がなかったわけではないが、サルトルのように自分に言い寄ってきた女性たちと「偶然の関係(浮気)」を楽しむようなプレイボーイではなかったとされている。

同棲するにも、関係を拒まれつづけたニーチェ

 そんなニーチェは、知的な女性が好きだったようで、心底惚れ込んでいた女性が2人存在する。

 一人は女流作家の「ルー・ザロメ」もう一人は親友・ワーグナーの妻「コージマ」である。

 しかしこの2人共にニーチェはフラれている。

 ルー・ザロメに至っては、ニーチェ・ザロメ・共通の友人、の三人で同棲までしていたのに、「あなたの才能は素晴らしいけど、男性としてはちょっと…」というようなニュアンスで男女の関係になることを拒まれ続けていたのだ。

 なかなか辛い言葉を浴びせられていたようだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧