ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

経済のグローバル化はこの日からはじまった!
「ドル・ショック」を越えて新国際経済秩序へ

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第17回】 2011年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、約100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら歴史を逆引きしていく。今回は、ドル・ショックとそれを境にスタートした「新しい経済体制」下での世界経済について考察する。(坪井賢一)

ニクソン・ショックは
「新しい世界経済体制」へのスタート

 1971年8月15日のニクソン声明以来、悲観論が蔓延した。「週刊ダイヤモンド」は上記のように「デノミ論争」の帰趨を詳しく追っているが、1か月後の「ダイヤモンド経済情報」(1971年10月1日号)は、やや落ち着きを取り戻した論調で特集を組んだ。題して「ドル・ショック1か月 日本の景気はどうなってしまうのか!」

 この特集の中で、坂田真太郎・大和証券調査部長(★注)による寄稿文が目を引く。もっとも将来を見通した論調だった。

「こんどのニクソンの非常事態宣言はニクソン・ショックというより、『新しい世界経済体制へのスタート』と見るべきだ。私はそのように今度の事態をみている。だから、消極的に、後ろ向きに考えると悲観論・絶望論しかないわけだ。何のプラスもない。逆に、新しい事態に処する考えだと、希望が出てくる。やる気がもりもり起こる。

 ニクソンの非常事態宣言は、米国側からみると、現在までのIMF・ガット体制の行き詰まりを、米国本位に打開する政策だ。他国通貨の切上げと、輸入課徴金の設定による国際収支回復・ドル信認の回復である。世界は米国についてくると思っている米国の経済センスからすれば、これさえ、付随的な項目だろう。」(中略)

「日本経済は、こういう新事態に対して、いつものように、きわめて敏速な反応を示すだろう。今のショックは次の薬になる。」(中略)

「大局的にみて、社会資本を充実し、高級な質的高度成長時代へきりかえができるであろう。そのためのショックだ。以上は、長期的な基本的な観測である。

「過渡期の半年か1年の予測も必要だ。大和証券の計量モデルによると、米国における輸入課徴金がつづき、フローティングレートの時期が長引いても、政策よろしくをえて、財政中心の景気刺激策がとられると、マクロ的には、経済ショックは大きくならぬ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史

大正時代から現代まで、その時代の経済事象をつぶさに追ってきた『週刊ダイヤモンド』。創刊約100年となるそのバックナンバーでは、日本経済の現代史が語られているといってもいい。本コラムでは、100年間の『週刊ダイヤモンド』を紐解きながら、歴史を逆引きしていく。

「週刊ダイヤモンドで読む 逆引き日本経済史」

⇒バックナンバー一覧