ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プレゼンの上手な話し方

興味のなかった人もなぜか食いつく!
「おや?」と思わせるプレゼンの切り出し方

福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]
【第6回】 2011年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アメリカで演説家として名高く、日本でも知られているエルマー・ホイラー氏。この人の有名な言葉に、

 「最初の10秒で、聞き手をつかめ。もし、つかみ損なうと、後の10分かけても、挽回は難しい」

 というのがある。

 落語家なども、話芸として「噺(はなし)のまくら」を大切にする。このまくらによって「本日のおはなし」へと、お客の心を引きつけていくのである。

 「導入部」での話の持って行き方には、充分に力を入れ、技術を磨くことだ。

 画像など、ビジュアルに頼るのではなく、あなたの口頭のコミュニケーション・スキルによって、聴衆の心を、初期段階で、こちらに向けさせるのだ。

 そのための工夫を、3つにまとめて述べていこう。

 ともすると、ジョークなどによって、聴衆を笑わせる技術を求める人がいるが、ジョークは難しい。下手に使うと、かえって雰囲気がシラケてしまう。タレントや芸人の真似はしないほうがよい。

「あいさつ」に失敗しても大丈夫!
心をほぐす雰囲気づくり

 第一声の「あいさつ」によって、聴衆の反応がよくないことがわかったとする。こんな場合、雰囲気づくりをして、聞き手の心をほぐすことから始める必要がある。

 雰囲気ができていないまま、話を進めると、聞き手からの手応えが得られない、一方的なプレゼンテーションになりやすい。聞き手の反応がないと、話し手も話しにくくなり、プレゼンテーション自体、トーンダウンしてしまう。お互い、盛り上がらないまま、時間がきてしまい、不完全燃焼のまま終わってしまうのだ。

 では、雰囲気づくりはどのようにするか。

(1)声を出してもらう

 アメリカ人のプレゼンターが、日本人にプレゼンテーションを行った。

 「コンニチハ」

 と、あいさつしたが、反応がよくなかった。彼はニコニコしながら、

 「ワンスモア、コンニチハ」

 と、ひょうきんな調子で言った。今度は、一斉に、

 「こんにちは!」

 と、大きな声が返ってきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
これであなたも「最強プレゼンター」に!

「説得力のある話し方」を身につけることが、プレゼンテーションを成功させるカギ!聞き手に理解・納得・共感してもらい、イエスを引き出すためには、どういうコミュニケーションをとり、どういう話し方をすればいいのか? コミュニケーションの原理原則から説き起こし、プレゼン、スピーチ、講演、会議、商談・交渉などの実践の場面で威力を発揮する効果的で説得力のある話し方について解説する。

話題の記事

福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

1983年株式会社話し研究所を設立。2004年に会長に就任。「コミュニケーション」を軸にした講座、講演を企業、官公庁を中心に行い、話し方研究所でもセミナーを開催。主な著書に、『人を動かす会話術』『上手な「聞き方・話し方」の技術』などがある。


プレゼンの上手な話し方

いまやプレゼンテーションは、営業職の人だけでなく、技術者、行政の職員などすべての人にとって身近な存在、そして必要なスキルになっている。あらゆる場面で聞き手を納得・共感させるにはどうすればよいのか。この連載では、「説得力ある話し方」を身につけ、プレゼンテーションを成功させるカギを探る。

「プレゼンの上手な話し方」

⇒バックナンバー一覧