ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

円の対ドルレート下落を抑制も
東アジア通貨高は電機株に恩恵

門司総一郎
2011年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 11月以降の米金利上昇を受けて円は対ドルで下落に転じると考えているが、想定したほど円安は進んでおらず1ドル=82~84円での動きが続いている。思ったほど円安が進まない理由の一つに、対ドルでの東アジア通貨高があると考えている。

 昨年10月末を100とした東アジア通貨の対ドルレートを比較すると、1月20日時点で台湾ドルが105.2と最も強く、次いで人民元が101.3、韓国ウォンが99.7だ。北朝鮮による砲撃の影響もありウォンはやや弱いが、台湾ドルや人民元はドルに対して上昇しており、この東アジア通貨の上昇に引っ張られて円安が進まない側面があるとの見方がある。

 東アジア通貨上昇は各国の利上げが主因だ。インフレ圧力への警戒感から韓国は昨年7月以来3回、台湾は6月以来3回、中国は10月以来2回政策金利を引き上げた。今後も利上げは続くと思われる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧