国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がる、やんばる国立公園 (c)朝日新聞社

 今年9月15日に、国内33番目の国立公園となった「やんばる国立公園」。しかし、政府は米軍のために、森を切り裂いて「ヘリパッド」をつくろうとしている。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・野上隆生さんの解説を紹介しよう。

*  *  *

 ぼくはノグチゲラ。褐色の服に赤い帽子が似合うだろ? 世界中で沖縄本島の北、やんばるの森だけにすむキツツキさぁ。

オスのノグチゲラ (c)朝日新聞社

 国の特別天然記念物、国内希少野生動植物種、絶滅危惧・A類と、最上級の肩書がいくつも付いているから、絶滅の崖っぷちにいる鳥だってわかってもらえるよね。

 ぼくらが暮らすやんばるの森が9月15日、ようやく国内33番目の国立公園になった。次は世界自然遺産への登録も目指すんだって。

 うれしいかって? いや、ぼくはすっかり戸惑っている。だって、ぼくらが暮らす森でいま、一大事が起きているんだ。

 国立公園なら開発が厳しく規制される。これで森の乱開発におびえずに暮らせると、本当なら仲間と木をつつきあって大喜びしたいところ。

 ところが、今回国立公園に指定された森の近くで、この夏からチェーンソーの金切り声や倒れる木の悲鳴が聞こえ始めた。