ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
身近な人ががんになったときに役立つ知識
【第6回】 2016年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
内野三菜子

がんになったら、専門病院の
「がんセンター」で治療したいのですが?

1
nextpage

今「がん」に関する情報があふれています。芸能人でもがんを公表する人がいるため、ある意味、よく聞く病気になりました。しかし、情報があふれているゆえに、本当に正しい情報はなんなのか……迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説した本『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』を発売。この連載では、その本の中から気になるところを紹介していきます。

「がんセンター」とは
がんの診療に特化した病院

 がん診療連携拠点病院とはまた別に、「国立がん研究センター」や「県立がんセンター」など、がん診療に特化している病院があります。

 こういった病院は、数の少ない珍しい「希少がん」の治療法を研究したり、新しい薬の有効性や安全性を調べるための「治験(ちけん)」をしたりするのが主な目的になっています。

 治験というのは、新しい薬を認可してもらうために、「治療を兼ねた試験」を行うことです。実際に患者さんに使ってもらい、その薬の効果や副作用などをデータとして集めるのです。

 がんになると「専門病院に行きたい」と、わざわざ飛行機に乗って東京まで来られる患者さんもいますが、がんは長期にわたって病院へ通わなければなりません。

 患者さんが比較的通いやすい「がん診療連携拠点病院」に対しては、国立がん研究センターや県立がんセンターからも、新しい治療法や薬に対する情報提供が随時行われています。

 また、現在、がん診療連携拠点病院で活躍している医師は、がんセンター出身の人も多く、学会での意見交換や勉強会だけでなく個人レベルでの交流もあることが少なくありません。

 抗がん剤治療や放射線治療を継続して行う場合、遠くにあるがん研究の専門病院に行くのは体力的にも大変ですし、交通費もかかって経済的な負担も増えることになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



東京都出身。国立国際医療研究センター国府台病院 放射線治療室長。
聖マリアンナ医科大学放射線科、埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科を経て、カナダ・トロントのプリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科にて、日本人初のクリニカルフェローとなる。並行してトロント大学オンタリオ教育研究所(大学院)医学教育学にて修士号取得。帰国後、国立国際医療研究センター病院を経て、現職。日本医学放射線学会専門医(放射線治療)、がん治療認定医。
 


身近な人ががんになったときに役立つ知識

今「がん」に関する情報があふれています。しかし、情報が多すぎ本当に正しい情報はなんなのか……と迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説、まとめた書籍『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』より、その中で気になるところを紹介していきます。
 

「身近な人ががんになったときに役立つ知識」

⇒バックナンバー一覧