ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

新日鉄・住金合併で動き出す
鉄鋼業界再々編のうねり

週刊ダイヤモンド編集部
2011年2月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

国内鉄鋼最大手の新日本製鐵と3位の住友金属工業が、2012年10月の合併に向けて動き始めた。成長著しい新興国の鉄鋼メーカーに押される国内鉄鋼業界だが、合併で世界トップグループ入りを目指す。JFEホールディングスの統合発表から約10年。グローバル競争を見据え、再び再編機運が高まり始めた。

 「名実共に世界トップクラスの総合鉄鋼メーカーを目指す」(宗岡正二・新日本製鐵社長)

 両社が合併を検討し始めたのは昨年末のこと。「どちらからともなく始まった」(両社長)という交渉は、わずか1ヵ月で合意に至った。

 事前に情報が漏れることを恐れ、社内は箝口令が敷かれた。ある有力OBが合併計画を知ったのは、会見の前日のことだった。

 それもそのはずである。後述するように、今回のような独占禁止法上の問題が生じうる大型合併のケースでは通常、公正取引委員会への事前相談を行うことが多い。そこで独禁法上の問題をクリアしたうえで、法定手続きによる合併審査の届け出を行う。

 だが、そのためには多くの時間と労力が必要で、その揚げ句、承認されないケースも少なくない。新興国の鉄鋼メーカーが急成長するなか、スピードの遅れは命取りにもなりかねない。

 それゆえ、両社は法定手続きの一本勝負でいくことを決めた。その裏には、事前相談ではなく、平場の議論によって、合併の正当性を問うとの狙いが込められている。

 会見同日、三村明夫・新日鉄会長と下妻博・住友金属工業会長は枝野幸男官房長官に趣旨を説明。翌4日には両社長が竹島一彦・公取委員長を訪れ、理解を求めた。

 また、国内企業の再編・統合で国際競争力を強化したい経済産業省では、海江田万里大臣が「日本企業が国際競争にさらされるなか、公取のあり方を議論していきたい」と、“援護射撃”をした。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧