ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」
【第12回】 2017年1月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪田 聡

今年こそ実践したい「早起き」のコツ

1
nextpage

「7時間睡眠がいちばん良い」「短眠は寿命を縮める」……。こうした常識、はたして本当なのだろうか?20年以上睡眠専門医として活躍中の坪田聡氏は、「睡眠のよしあしは『時間』だけでは測れない」「睡眠は『時間』と『質』のかけ算で決まり、質を高めれば5時間でも健康的な毎日を過ごせる」と言う。
しかし、短時間の睡眠では、日中にだるさが残る我々にとっては信じられない話だ。どう「質」を上げればよいというのだろうか。
そこで、最新刊『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』が話題沸騰の坪田氏に、その具体策を教えてもらう。今回は、早起きのコツを教えてもらった。

早起きをしてゆっくりと朝食を食べたり、勉強をしたり、仕事をしたり……今年こそは実践したい「早起き」を実現するコツとは? Photo:maroke-Fotolia.com

睡眠を、どう朝型に矯正するか

坪田聡(つぼた・さとる)
日本睡眠学会所属医師、医学博士。雨晴クリニック(富山県)副院長。睡眠専門医として、20年以上現場に立ち続ける。日本睡眠学会の他、日本スポーツ精神医学会、日本医師会、日本コーチ協会にも所属。ヘルスケア・コーチング研究会代表世話人も務める。1963年生まれ。石川県在住。日本を睡眠先進国にし、睡眠の質を向上させるための指導・普及に努める。2006年に生涯学習開発財団認定コーチの資格を取得し、「睡眠コーチング」を創始。2007年から生活総合情報サイト「All About」の睡眠ガイドとして、インターネット上で睡眠に関する情報を発信中。『脳も体も冴えわたる 1分仮眠法』(すばる舎)、『快眠★目覚めスッキリの習慣』(KADOKAWA)、『能力が5倍アップする 睡眠法』(宝島社)、『専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣』(三笠書房)など著書多数

 「今年こそは早起きをしたい!」

 そう考えている人も多いのではないか。しかし、早起きにもコツがある。今回は、拙著『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』の中で紹介したテクニックをいくつか紹介しよう。

 まず、あなたが早起きをしようとするとき、いつもの睡眠時間を“ズラす“はずだ。夜0時に寝て7時に起きていた人が朝5時に起きようと考えれば、夜22時に寝て朝5時に起きることになるので、「2時間」ズラすことになる。
 しかし、このように急に時間をズラしても、体は対応できない。運動前に、ランニングなどで体を慣らすように、睡眠時間をズラすのも徐々に慣らしていく必要がある。

 あなたも「明日の朝が早いから」という理由で、いつもより2時間くらい早く床についた経験があるだろう。しかし、眠れない。これは、生理学的に理由がはっきりしていて、いつも眠るタイミングより2時間くらい前は、まだ体が眠る準備を整えていないからだ。あなたの体内時計は、いつもの睡眠時間を覚えているのである。

 睡眠時間をそのままに時間だけをズラす場合は、週に20分くらいのペースでズラしていこう。そうすれば、無理なく朝型に変更することができる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    坪田 聡(つぼた・さとる) 

    日本睡眠学会所属医師、医学博士。雨晴クリニック(富山県)副院長。睡眠専門医として、20年以上現場に立ち続ける。日本睡眠学会の他、日本スポーツ精神医学会、日本医師会、日本コーチ協会にも所属。ヘルスケア・コーチング研究会代表世話人も務める。

    1963年生まれ。石川県在住。日本を睡眠先進国にするため、睡眠の質を向上させるための指導や普及に努める。2006年に生涯学習開発財団認定コーチの資格を取得し、「睡眠コーチング」を創始。2007年から生活総合情報サイト「All About」の睡眠ガイドとして、インターネット上で睡眠に関する情報を発信中。『脳も体も冴えわたる 1分仮眠法』(すばる舎)、『快眠★目覚めスッキリの習慣』(KADOKAWA)、『能力が5倍アップする 睡眠法』(宝島社)、『専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣』(三笠書房)など著書多数。


    朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

    ふとんに入って即眠り、短時間で超熟睡。目覚めスッキリ、一日中疲れ知らず! 体に無理なく睡眠時間を減らし、朝5時起きを実現する「短眠」×「早起き」のメソッドを睡眠専門医が紹介します。

    「朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」」

    ⇒バックナンバー一覧