ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

富豪を大量に輩出するドイツ
次期ECB総裁候補も配慮

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2011年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ECBのトリシェ総裁は、3月3日の理事会終了後に、4月理事会で利上げを行う可能性を示唆した。ユーロの銀行間短期金利の先行きを占うデリバティブ取引であるOISレートは急騰し、9月までに0.25%の利上げが2回行われる予想が織り込まれた。

 しかしながら、周辺国の国債問題を抱えて利上げを開始して大丈夫なのか? という懸念はロンドンの市場参加者からも聞こえてくる。ECBは、食品やエネルギーの価格上昇が過剰な賃金上昇につながるスパイラルを警戒している。市場安定化策はやめずに、インフレ抑制策と両立させながら運営していく方針を示している。

 イタリア中央銀行総裁のドラギ氏は最近、インフレを警戒するタカ派的発言で目立っている。トリシェ総裁は今年10月で退任する。経験、能力から見て、ドラギ氏をその後継者レースのフロントランナーだと見なす声は多い。

 とはいえ、欧州では一般的に、イタリア人はインフレに寛容だという印象がある。また、コンスタンシオ・ECB副総裁はポルトガル人だ。ドラギ氏が総裁になると、南欧の国が総裁・副総裁を占めるため、ドイツ人が反発する恐れもある。ドラギ氏の最近の発言は、総裁後継者選びを意識して、インフレに寛容ではないことをアピールしているのかもしれない。ハト派としてECB理事会内でバランスを取る人が今は少ない面がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧