ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

世界で高評価の日本ブランド・ベスト40!自動車メーカーが圧倒的強さ

「Japan’s Best Global Brands 2017」から読み解く日本企業の実力

ダイヤモンド・オンライン編集部
2017年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界最大のブランドコンサルティング会社・インターブランドが毎年発表している「Japan’s Best Global Brands」ランキング。2017年版から、世界で活躍している日本企業のブランド力を見てみよう。

伸び率No.1はスバル
自動車勢の強さ際立つ

 日本が本格的な人口減少に突入する中、企業のグローバル展開は今や必要不可欠な経営課題。そして、ブランドとは、単なる企業イメージではなく、商品開発からサービス、販売の現場に至るまで企業が一丸となって顧客に訴求すべき重要なアイデンティティである。

インターブランドは毎年、「Japan’s Best Global Brands」と名付けた、日本企業のグローバルにおけるブランド価値ランキングを発表している。今回発表された2017年版では、どんな企業がランクインされたのだろうか?

過去3年で3倍もブランド価値が伸びたスバル。強いブランド価値を誇る企業は、単なる「広告宣伝上手」ではない。自社のアイデンティティをしっかり持ち、開発や製造、販売など全社の社員一人ひとりにそれが浸透していることが、強いブランド価値には必須だ Photo:SUBARU

 対象となるのは日本のグローバルブランド(海外売上高比率30%以上)で、上場している企業。財務分析による現在の利益と将来予測、利益のうちブランドの貢献分がどれだけか、そしてブランドによる利益の将来の確実性の3点で評価をした。

 ベスト40は次ページの表のとおり。トヨタ(1位)、ホンダ(2位)、日産自動車(4位)とあるように、自動車メーカーの圧倒的な強さが見て取れる。一方、伸び率に注目すると成長率No.1はスバル(10位)の前年比28%だ。

 スバルは過去3年で3倍もブランド価値が伸びた。また、マツダ(13位)も、同じく過去3年で2倍以上の伸びだ。

次のページ>> Top40企業を発表!
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧