six

ヨーロッパのビジネスマンの憧れ
BMW5シリーズは夢のカンパニーカー

BMW 523d

BMW523dは全長4945ミリ、全幅1870ミリ、全高1480ミリ


 2017年1月12日に7代目になるBMW5シリーズの新型が発売された。さっそく試乗したのは2リッターディーゼルエンジンの523d。これはいいクルマだった。

 新型5シリーズは2リッター4気筒と3リッター直列6気筒で構成される。2リッターガソリンの523i、2リッターガソリンの523dがベーシックモデル。

 その上に同じ2リッターガソリンながら出力が高い530i。トップモデルは3リッター6気筒の540iで、後輪駆動に加えxDriveという4輪駆動モデルも用意されている。

 さらに2リッターガソリンエンジン電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの530eもある。外部充電可能でEV走行できる範囲が広い。

ボディカラーは豊富に用意されている


 523d(698万円〜)は540i(972万円〜)および540i xDrive(1003万円〜)とともに先陣を切って市場投入されたモデル。最高週力は140kW(190Nm)、最大トルクは400Nmだ。

 このクルマはたいへんみごとな出来だ。高級で上質。ディーゼルのいまいちなところは消し、低回転域での太いトルクなどいいところを活かしている。

BMW車に共通のテーマでまとめられた運転席まわりは機能的で居心地もよい


 特筆すべきはカラカラッやカリカリカリッというディーゼルエンジン特有のノッキング音は聞こえない点だ。回転上がりもスムーズで品のいい音色がとてもよい印象である。

 室内も広いしちょっとしたリムジン感覚すらある。世界でもっとも成功しているビジネスセダンと謳われ、会社が貸与してくれるカンパニーカーの中でも人気の高い5シリーズ。後席ももてなし空間として使える。

後席はたっぷりとしていて空間的余裕も充分


 いっぽうでスポーティセダンづくりで鳴らすBMWだ。新型5シリーズもステアリングホイールを切ったときの動きが俊敏で、運転が楽しい。

 先進的安全装備や運転支援システムも充実。先行車との適切な距離をとりながら定めた速度で走行し、車線を逸脱しそうになるとステアリングホイール操作に車両が介入する。なので楽チンである。

 インフォテイメントシステムも充実していて、快適に長い距離を疲労度すくなく走れる性能こそ、すぐれた内容を持つビジネスセダン。BMWといえば5シリーズ、という欧州の“常識”を裏書きするような出来だ。

「ステアリング&レーンコントロールアシスト」と「アクティブクルーズコントロール」という運転支援システム作動中

小川フミオ(おがわ・ふみお)

複数雑誌の編集長を歴任。内外の自動車メーカーなどのユーザー向け企業広報誌の編集長も経験あり。クオリティマガジンやクラブマガジンでの編集・執筆経験も豊富である。


six-car

ライフスタイル・マガジン「Six」が送る自動車&バイクの最新情報。

「six-car」

⇒バックナンバー一覧