ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞記事から学ぶ経営の理論
【第1回】 2011年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

資生堂のネット通販参入は
コトラーのマーケティング理論の定石
業界リーダーのフルライン戦略

1
nextpage

企業や業界の旬なトピックスをベーシックな経営理論で解説する本連載。その第1回は、化粧品業界を取り上げます。4月13日に発表された資生堂の新3カ年計画を経営理論で読み解くと、コトラーの理論が見えてきます。

意外と知らない化粧品の販売チャネル

 さて、読者の皆さんは国内化粧品業界の販売チャネル別の売上高がどのようになっているかご存じですか。

 第1位はマツモトキヨシに代表される“ドラッグストア”です。これは何となく納得でしょう。では、2番目に売上高が多いのは次のうち、どのチャネルかお分かりですか。

・百貨店
・専門店
・通信販売
・訪問販売
・スーパーなど量販店

 私を含めた男性にとって、化粧品といって真っ先に思い浮かべるのは百貨店の1階にある化粧品売り場ではないでしょうか。しかし、意外なことに百貨店の化粧品売り場は上記の販売チャネルの中では、最もシェアが低いチャネルです。確かに考えてみれば百貨店はある程度の都心部にしかありませんし、地方都市では閉店も続いていますので、イメージほど百貨店の売上比率は高くないのも理解できると思います。

 では、2位は全国津々浦々にあるスーパーなどの量販店でしょうか。それも違います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

1988年東北大学経済学部卒業、協和銀行(現りそな銀行)入社。主に本社にて法人向け融資審査を担当。2005年りそな銀行を退職し、エムエス研修企画入社。現在は主に企業向けの人事研修コンサルティング、研修コンテンツ作成を中心に活動中。
ホームページ: http://www.womanf.co.jp/
ブログ: http://ameblo.jp/sibuyanohiro/
 


新聞記事から学ぶ経営の理論

経営理論は、具体的な例とともに覚えるのがもっとも効果的。本連載では、新聞や経済誌の記事を題材にし、コトラーやポーターなどの著名な経営理論を解説します。経営理論は難しいと思っていた人でも、目から鱗です。また何気なく読んでいた記事が意味するところも、より深くわかるようになります。

「新聞記事から学ぶ経営の理論」

⇒バックナンバー一覧