ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

おカネ持ちになる考え方とは

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第174回】 2011年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 学生向けに、おカネについて考えるための話を作ってみた。たとえば、会社に入って次の3人の先輩がそれぞれおカネについてアドバイスをしてくれたとすれば、どの先輩を師とするのがいいか?

 先輩A「毎月一定額のおカネを給料から先に差し引いて貯蓄し、残ったおカネで生活すべきだ。ある程度おカネが貯まったら、しかるべき方法で運用するといい」。

 先輩B「借金さえしない範囲なら、若い頃は小ガネを貯めるより、自分への投資だと思っていろいろな経験に使うほうがいい」。

 先輩C「おカネは早く大きな額で運用するほうが有利だ。近年はレバレッジ(実質的借り入れ)を使った運用手段も豊富だ。私の友人に詳しい証券マンがいるから、今度、一緒に話を聞きに行こう」。

 一般的に正しいのは、文句なく先輩Aのアドバイスだろう。定期的な収入から先に貯蓄分を確保して、残りで暮らす生活に慣れることには数多くのメリットがある。そもそも、凡人はこうしなければおカネが貯まらない(筆者の若い頃がそうだった)。ある程度の余裕ができると、生命保険などのムダなコストが節約できる。おカネの運用をするためには、運用するための金融資産が必要だ。

 また、もともと切り詰めた生活に慣れておくと、収入が減るような経済的リスクにも適応しやすい。

 実際、就職して10年目くらいの段階で同期生と財産を比べてみると、就職先の年収の多寡よりも、支出の習慣の差が圧倒的だった。学生君が30歳の時点で三つのアドバイスの価値を検証するなら、たぶん先輩Aのものが圧勝する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧