ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスキャリアを生かして和歌山の元気企業で活躍するという選択

和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点

ビジネスキャリアを生かして
和歌山の元気企業で活躍するという選択

著者・コラム紹介
1
nextpage

3月中旬の土曜日、東京・渋谷クロスタワーのイベントスペースに、首都圏在住の52人のビジネスパーソンが集まった。イベントの名は「和歌山県プロフェッショナル人材 UIターンキャリアフェア」。約3時間、和歌山県に本社を置く企業のプレゼンテーションや個別説明会が行われ、会場では熱心にメモを取る参加者の姿があった。参加者を惹き付けているのは、和歌山県のどのような魅力なのか、会場の様子をレポートしてみる。

3月18日、東京渋谷区で行われた「和歌山県プロフェッショナル人材UIターンキャリアフェア」の様子。参加者は52人、関係者の話にみな熱心に聞き入っていた

UIターンで
攻めの経営への意欲を喚起する

 今、和歌山県では“和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点”を軸に、首都圏で働くビジネスパーソンの「UIターン」の促進に力を入れている。プロフェッショナル人材とは、マネジメント等の豊富なキャリアを積んだ30〜50歳代の企業勤務経験者のことだ。

「和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点の取り組みについて」話す、植田俊マネージャー

 和歌山県には、あまり知名度はないものの、優れた技術を持ちグローバルに事業を展開する優良な中堅企業が数多く存在する。和歌山県ではそうした中堅企業に、キャリアや実績を持つプロフェッショナル人材の採用を促して“攻めの経営”への意欲を喚起、成長戦略を具現化し、県内の産業を活性化させようという狙いがあるのだ。 

 「もともと和歌山県は、農林水産業はもとより製造業が盛んで、従業員一人あたりの製造品出荷額は全国第4位。鉄鋼・石油・化学で全体の75%を占めるが、産業構造の多様化と雇用の拡大を図るため、企業誘致やベンチャー支援にも力を入れている」、そう語るのは、和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点の植田俊マネージャーだ。

 ほかにも住宅地価格が安い、通勤時間が短い、持ち家比率が高いなど、和歌山県には暮らしの面でのメリットも大きい。

講演では、「ものづくりの理想郷―和歌山県で働くことの魅力とは」と題して、和歌山の蔵元、平和酒造・山本典正代表取締役専務が自らの体験談などを語り、会場を沸かせた

 当日ゲスト講演を行った、平和酒造(和歌山県海南市)の山本典正代専務は、和歌山県で働くことの魅力を、「衰退産業でもモチベーションや組織を改革することで、未来を変えることができる環境がある」と説明する。同社では、酒造が難しいと言われていた和歌山県で梅酒を軸に発展、昔ながらの蔵人の意識改革を行うことで成長を続け、昨年の「酒—1グランプリ」では同社の日本酒「紀土(きっど)」がグランプリを受賞した。今では新卒を募集すると、首都圏などから2000人近い応募がくるという。

グローバルに事業を展開する
中堅企業が多い

 今回、プレゼンテーションに参加したのは、和歌山県に本社を構える5社。その内容を簡単に紹介したい。各社の事業内容は、そのまま和歌山県の魅力につながるだろう。

 「アクロナイネン」(和歌山市)は、自動車・2輪車・農機・産機向けの、最先端の精密ダイカスト製品の製造を行う。これまで大手メーカーを中心に製品を提供してきたが、中小企業から優良企業への脱却を目指し、海外展開を含めた事業拡大を進めている。募集するのは、次代の中核となる人材、または海外子会社の経営を担える人材だ。

 「シティコンピュータ」(和歌山市)は、データエントリーサービスを主軸に、人材派遣部門や医事コンピュータの販売・サポートなどを手掛ける。フィリピンやバングラデッシュに支社を持つなど、事業はグローバルに展開している。創業30年を迎えた今、第二創業期として攻めの経営を目指し、さまざまな分野で共に飛躍できる人材を求めている。

 「溝端紙工印刷」(伊都郡かつらぎ町)は、明治40年創業、箸袋やナプキンなどの飲食関連業界向けの紙製品でシェアNo.1を誇る会社である。国産の材料を、国内にある自社工場で製造、メイド・イン・ジャパンの品質にこだわっている。募集する人材は、工場管理職や営業、品質管理などの分野で、定着してもらうため「和歌山県出身者」を望んでいる。

 「吉田染工」(紀の川市)は、ニット・織物・資材用糸の染色加工を専門とする会社。世界で無二の全自動染色プラントを持ち、チーズ染色や、30万色以上の色彩管理、多品種・小ロット・短納期に対応できる強みを持つ。現在下請けから提案型企業への脱却を目指し、東京事務所の所長や本社営業部を統括できる人材を求めている。

 「和歌山太陽誘電」(日高郡印南町)は、グローバル企業である太陽誘電グループにおける積層インダクタの生産ヘッドクオーター機能を持つ子会社。事業戦略の立案・開発拠点としての役割を持ち、さらなる企業体質の改善と成長戦略の遂行のため、電子部品の商品開発・システム開発、IoT推進などの分野で高いスキルを持つ人材を募集している。

◆企業プレゼンテーション

企業プレゼンテーションは各社7分の持ち時間で、自社の特徴や強み、どんな人材を求めているかなどを語った

アクロナイネン 新谷理
常務取締役
シティコンピュータ
川原雅友
専務取締役CFO
溝端紙工印刷
溝端繁樹
代表取締役社長
吉田染工
吉田篤生
代表取締役社長
和歌山太陽誘電
日置一壽
管理部次長

 

1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

公益財団法人 わかやま産業振興財団内
和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点

〒640-8033

和歌山県和歌山市本町2-1

フォルテワジマ5F

TEL:073-433-3110

E-mail:pro-jinzai@yarukiouendan.jp

http://www.yarukiouendan.jp/professional/index.html


和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点の取り組み

 2015年12月に開設された「和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点」。同県内の中堅・中小企業の"攻めの経営"への意欲を喚起し、成長戦略を具現化するために"プロフェッショナル人材"の活用支援を行っている。具体的には、県内中小企業の人材ニーズ調査を行い、民間人材紹介業者と連携して導入サポートを実施する。プロフェッショナル人材とは例えば、事業企画や運営の経験がある30〜50歳代の都市圏における大企業勤務経験者。

 同拠点は13社の民間人材紹介会社と連携しているため、紹介会社への単独での依頼と違い、幅広いネットワークで、プロフェッショナル人材採用に向け、経営者と人材紹介会社のマッチングをサポートする。


和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点
TEL:073-433-3110
(9:00~12:00  13:00~17:45
土・日・祝を除く)




DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧