ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business
2017年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

平成生まれ社員には6つの特徴がある
新年度に読みたい、新人育成と戦力化のヒント

 毎年新入社員が入社してくると、「社会常識が通じない」「企業文化に合わせてくれない」と頭を悩ませる管理職やチームリーダーの声が聞こえてくる。こういった悩みは古くから繰り返されたもの、というイメージがあるかもしれないが、大学院卒の新入社員も平成生まれ世代が大半を占めるようになり、新人に対する違和感は少し変わってきているようだ。面白いのは、これは日本だけで生まれている現象でなく、欧米でもこの世代は「ミレニアル世代」と呼ばれ、彼らのもつ常識は、年長者たちと大きな隔たりがあると言われている。

 平成生まれの新人たちは高度成長期を生きてきた世代とはかけ離れた常識を持ち、かつて新人類と騒がれた世代とも違う。企業社会が育んできた文化と、彼らの世代が共通して持つ常識に大きなズレがあり、情熱のベクトルが異なっていることが、その違和感の正体だと考えられる。

 とはいえ、その違和感を否定することは、彼らの反発を生むだけであり、彼らが近い将来、組織を引っ張っていかなければならないことも、彼らの世代が大切なお客様であることもまた事実。今こそ、平成生まれと上手に付き合い、大切な戦力として育て上げるマネジメントが求められている。

平成生まれの新人をよく観察してみると、大きく「6つの特徴」があるという。

1.詳細指示待ち型
2.トライしない型
3.理想が中の中型
4.みんな一緒型
5.ぼくだけ型
6.ミレニアルと認識型

 6つのタイトルだけを読んで「それだ」と共感する人もいれば、どういう意味かわからない人もいるだろう。下記からダウンロードできる資料では、これらの特徴の典型例とともに、彼らに対して上司としてどう接すればいいのかを詳しく解説している。

 平成生まれの部下を活用するには、彼らの行動を理解し、好意的に思われるように接することがまず重要だ。「最近の新人は…」とぼやいているマネジャーの皆さんには、特にご一読いただきたい。

資料ダウンロードのご案内

「最近の新人は…」と嘆くあなたに。
~平成生まれのインサイトを引き出す
6つの処方箋~

<主な内容>
平成生まれを読み解くカギ
6つのタイプとそれぞれに最適な接し方


1.詳細指示待ち型…事細かに指示しないと動かず
2.トライしない型…難しい目標に挑まない
3.理想が中の中型…人並みが理想
4.みんな一緒型…上司と同じことをする
5.ぼくだけ型…チームより自分
6.ミレニアルと認識型…常識の違いを強調

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社セールスフォース・ドットコム(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

SFDC_logo

株式会社セールスフォース・ドットコム

〒100-7012

千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12F

TEL:0120-733-257(フリーダイヤル)

E-mail:info@jp.salesforce.com


Advertisement



IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧