six

王侯貴族に愛されたフォレ ル パージュ
新宿伊勢丹メンズ館にポップアップショップをオープン

Fauré Le Page

昨年12月にオープンしたパリ本店に次ぐ路面店である銀座本店。
中央区銀座7-6-19 ☎03-3572-8300


 ルイ15世の昔からヨーロッパの王侯貴族たちに愛された伝説の名門メゾン、フォレ ル パージュは、熟練の鉄砲工、そして武具師を擁してその歴史をパリでスタートさせた。銃器や剣といったものに始まり、狩猟用としても弾薬や食糧、獲物、ブーツや備品を持ち運ぶためにレザー製品の製造も始めていた。

 その永い歴史上、1789年のフランス革命と1830年の7月革命では革命軍に武器を提供するなど、フランスの国の歴史に深く関わってきた。傑作となった武器の数々は美術館に収蔵され、バルザック、デュマ、シャトーブリアン、プーシキンといった文豪たちの有名な作品にもその名を見つけることができる。

 そのフォレ ル パージュは近年、モダンなレザーコレクションを展開、ハイブランドとしての地位をあらためて築きつつある。その製品のアイコンとして用いられているのは、“エカイユ(鱗)”をモチーフとしたモノグラム。この“エカイユ”は、武器の時代からその製品の装飾に彫り込まれていたもの。

トートバッグ(W41×H32×D20cm)12万7000円、ハンドルについているアクセサリー2万8000円 ※いずれも税別

 “エカイユ”モチーフは、外的から身を守るために持ち合わせる甲殻をヒントに作られた甲冑をイメージ、戦士たちの象徴としてきた。レザーと共に用いられるキャンバス地には、この“エカイユ”柄が伝統的なリヨン風シルクスクリーンでプリントされ、ワックス加工とグレイン加工を施されて防水性能も高い。

 コンテンポラリーなデザインのバッグ、アクセサリー類にも、拳銃のホルスター型モティーフを用いるなど、一流の銃器メーカーとしての歴史をそれとなくクリエーションに活かしている。デザインだけでなくメゾン本来の特徴である実用性も高い次元で融合させたシリーズは広く愛されるブランドとなっている。

 「ナポレオンに愛され、フランス革命を支えたメゾン」として、その類まれな武器メーカーの歴史は、男性の心にもワクワクさせるものがあるはず。メンズのコレクションを中心に手に触れることのできるこの機会に是非、チェックすべきブランドとして記憶しておくべきだろう。


「フォレ ル パージュ」ポップアップ・ショップ

場所:
東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿店メンズ館1階メンズアクセサリー
03-3352-1111(代表)

期間:
4/12(水)~4/25(火)


six-fashion

ライフスタイル・マガジン「Six」が送るファッションの最新情報。

「six-fashion」

⇒バックナンバー一覧