ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新刊 ザ・メイキング
【第6回】 2011年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー

『もしドラ』(その2)
萌えは、もはやサブカルチャーじゃない。
「現代の浮世絵」だと思います。

1
nextpage

『もしドラ』の刊行にはいろんなドラマがありました。前回は、著者・岩崎さんとの出会いについて語ってもらいました。今回は、あの装丁が生まれた経緯を聞きます。斬新だったライトノベルのような装丁は、編集担当の加藤君がアニメ好きだったからではありませんでした。曰く「萌えは現代の浮世絵」だとか。

幻のタイトルは、
「ドラッカーと甲子園!」?

――原稿のやりとりは順調だった?

加藤 著者の岩崎さんは、スケジュールをいつも守ってくださる人だったので大変助かりました。原稿の催促などほとんど必要ありませんでした。

 現在の本の元になった原稿を受け取ったのは、2009年の1月でした。メールで送っていただいたものをプリントアウトして読んだのですが、かなり面白い内容で興奮しましたね。読後の感想を岩崎さんにメールで送ったのですが、「10万部とか20万部とかそういうラインをねらって仕上げたいですね」と書いています。相変わらず、岩崎さんのおっしゃっていた200万部とかはまったく言ってないんですけど。でも面白いことに、「これはたしかに、映画化できるかもしれませんね」とも書いてありました。6月4日に映画が公開になりますから、感慨深いですね。

――原稿の形が出来上がってきたのは?

加藤 6月くらいにはほぼ固まっていたんじゃないでしょうか。その頃から書名を真剣に考え始めました。

――書名の字数はあまり例がないほど長くなったが?

加藤 書名は相当悩みました。結論から言うと、この書名は岩崎さんがブログに書いたもとの記事とまったく同じです。でも当初はそれとは変えようと思っていました。一般論ですが、書名というのは内容を正確に表現しつつ、できれば短いものがいいのです。長いタイトルは書店の店頭で目に飛び込んできにくくなります。いつもは「1秒で認識できる」ということを目指してつくるようにしています。

 だから『もしドラ』では、いろんな短くしたタイトル案を考えました。たとえば「ドラッカーと甲子園!」とか、そういうものをたくさん考えました。それから「マネジメント」を外して『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読んだら』としてみたり。いや、ほんとにそういうのにしなくてよかったと思います(笑)

 著者の岩崎さんとしては「高校野球」「女子マネージャー」「ドラッカー」「マネジメント」という4つの単語はすべて必要で、タイトルはこれしかないとおっしゃっていました。ぼくも最後には納得して、これだけ長いタイトルなんだから、逆手にとって面白く見せる方向でいこう。おかげで、略称の「もしドラ」を広めることもできたし、よかったですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



新刊 ザ・メイキング

「どうやってこんな本ができたんだろう?」

同じ会社の編集者や営業でも、意外と知らないものです。
どんな試行錯誤があったのか、紆余曲折があったのか。
実際に本ができる過程を、担当編集者に聞きました。
本誌編集長が身内の編集者にその軌跡を独占インタビューします!

「新刊 ザ・メイキング」

⇒バックナンバー一覧