ゲームエンジンのUnityを開発するUnity Technologyは、投資ファンドのSilver Lakeから4億ドル(およそ440億円)の資金調達をした。

VR2
Unity

 Unityは、VRやARのコンテンツ開発のための技術提供も広くサポートしているゲームプラットフォーム。

 同社のCEOであるJohn Riccitiello氏は、今回の投資について「VRやARコンテンツの70%はUnityのエンジンで作られており、UnityはVR/AR業界に大きな波を生み出してきました。今回の投資により私たちはこれからも技術開発ができます」とコメントしている。

 なお、Unityはこれまで、実写の360度映像にリアルタイムCGやインタラクティブな要素を組み合わせられるツールや、VRの中でコンテンツ制作ができる「Editor VR」などの開発も手がけている。