ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
見せれば即決!資料作成術
【第16回】 2017年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
天野 暢子

読み手の視線を1点に集める「縦棒グラフ」の作成テクニック

プレゼン資料の作り方がよくわからない、なかなか結果が出せない。そんな悩みはありませんか? これまで1000件超のプレゼン資料に接してきた天野暢子氏の最新刊『見せれば即決!資料作成術』の中から、相手のOKを引き出すプロのテクニックをご紹介します。

縦棒グラフで
値・量の大きさを見せる

 縦棒グラフは、連続した要素の値・量を棒の高さで見せるものです。縦軸には数量などのデータを、横軸には各項目や時間軸をレイアウトします。大小や増減がひと目で直感できるという特徴があります。

 グラフはパソコンで作るのが当たり前になっていますが、紙に手書きでグラフを作っていくなら縦棒グラフが最も簡単な方法です。経年の売り上げや人口の推移、国や自治体別の生産高、消費量の比較などに使っていきましょう。

 目盛りの取り方しだいでデータの差が顕著になりますし、逆のケースもあります。まずX軸(横軸)とY軸(縦軸)が交差する点の値は「0」(ゼロ)です。0から上方向には目盛りが5つ程度あれば十分でしょう。目盛り線が5本あるだけでノイズ(雑音)になってきます。

 テレビやウェブなどマスメディアの解説で使われるグラフには、目盛り線は入っていません。目安となる線がなくても直感できるので、目盛り線を省くのも方法の1つです。

 Excelで自動作成されたグラフをそのまま使っている資料を見かけますが、伝えたいメッセージによって加工するようにしましょう。棒は枠線と塗り色を自由に変更できます。たとえば赤系の色を使う場合は、強調したい棒だけさらに濃い赤を選ぶ、枠線を太くする、枠線の色を黒→赤に変更するという方法で該当箇所だけを強調できます。

 軸ラベルの項目名が横に倒れている例がありますが、読みにくいので不親切です。これは[配置]で[縦書き]を選べば縦方向に変更できます。

 棒のそばに、数量の実データを置くことをラベルと呼びますが、その数字もサイズやフォント、色を変えることで、その1点だけを強調できます。枠線や円などの図形でその棒を囲むことでも、読み手の視線がその棒に集まるようになります。

ビフォー・アフター!
縦棒グラフで特定の項目を目立たせる

(毎週火曜日・金曜日に公開予定)

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    見せれば即決!資料作成術

    これまで1,000件超のプレゼン資料に接してきた「プレゼン・コンシェルジュ」が、プレゼン資料やビジネス資料の「決定力」を高めるためのテクニックをわかりやすく紹介します。具体的な改善ポイントを【ビフォー・アフター】の図解で示しているので、初心者の方でもよくわかります。

    「見せれば即決!資料作成術」

    ⇒バックナンバー一覧