ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
見せれば即決!資料作成術
【第17回】 2017年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
天野 暢子

順位やランキングが一目瞭然!「横棒グラフ」プロの見せ方

プレゼン資料の作り方がよくわからない、なかなか結果が出せない。そんな悩みはありませんか? これまで1000件超のプレゼン資料に接してきた天野暢子氏の最新刊『見せれば即決!資料作成術』の中から、相手のOKを引き出すプロのテクニックをご紹介します。

横棒グラフで
順位やランキングを伝える

 棒グラフには縦棒グラフのほかに横棒グラフがあります。これは縦棒グラフを90度回転させて寝かせたものではありません。同じ属性のものに順位をつけて紹介する場合に利用されます。縦棒グラフとの違いは、並び順を時系列にはしないという点です。つまり、時間軸に関係した項目の比較には向いていません。

 この原則があるので、まずは元のデータが順位のつけられるものかを確認しましょう。そして、Excelで元データの数値の大きい順(大→小の降順)に並べ替えてからグラフを作成します。棒の右端は、右上から左下に向かうラインになるはずです。

 縦軸には比較する項目を並べ、横軸には数値を棒の長さで示します。インターネットの記事でランキングやアンケート結果を紹介するのに多用されています。

 ランキングなら、元データの項目が20個あってもすべてを見せる必要はありません。上位5位とか10位までに絞って表示すればいいでしょう。アンケートの項目は「駅からのアクセスがよい」だったとしても、読む負担を減らすために項目名は「アクセス」とする工夫も必要です。

 目盛り線はなくても、数値データのラベルをつけることで量の大きさは伝わります。ほとんどの横棒グラフでは目盛り線が省略されています。

 横棒グラフの変形として、男女別の人口動態を左右に棒で伸ばした「ピラミッドグラフ」もあります。男女のように必ず2種類の属性に分かれるもので年代が層状になるもの、選挙や医療の調査結果などに用います。

 このグラフは、棒と棒の間隔を詰めて、出っ張った部分とへこんだ項目を面で認識することができます。塗り色の面積でとらえるので、棒の塗り色はグラデーションや網かけなどの効果で薄くせず、ベタ塗りを選びましょう。

ビフォー・アフター!
アンケート結果のグラフには伝え方がある

(毎週火曜日・金曜日に公開予定)

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、6/11~6/17)




見せれば即決!資料作成術

これまで1,000件超のプレゼン資料に接してきた「プレゼン・コンシェルジュ」が、プレゼン資料やビジネス資料の「決定力」を高めるためのテクニックをわかりやすく紹介します。具体的な改善ポイントを【ビフォー・アフター】の図解で示しているので、初心者の方でもよくわかります。

「見せれば即決!資料作成術」

⇒バックナンバー一覧