ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

地政学リスク再燃の原油市場
東京株式市場も反発となるか?

2009年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「2006年1月~07年6月」と「08年1月以降」の値動き比較

 最近の東京株式市場は原油市場と似たような動きをしている。過去の動向を踏襲するのであれば原油価格は上昇しておかしくはない。

 ならば株価は上昇することになるが、ファンダメンタルズなどを考えると原油価格も株価も上昇は難しいと言わざるをえない。

 1年の相場を考えるうえで、1月の相場はきわめて重要な意味を持つ。部分と全体が自己相似になるというフラクタル理論に基づき、1月の相場動向は1年の相場動向を示すとの見方もある。

 その1月相場を考える際、原油価格の動向は見逃せない材料になってきた。2008年の夏以降、それまでの上昇が崩れて文字どおりの暴落。台頭していたインフレやスタグフレーションといった懸念は姿を消し、デフレが心配される状況となった。

 ところが、年末にイスラエルがパレスチナ自治区ガザに侵攻。ロシアもウクライナ経由ヨーロッパ向けの天然ガス供給を停止したことで、一気に地政学的リスクが再燃。原油価格も大きく反発し始めてきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧