HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

コンビニ食で痩せたければ最低でも「3品買い」せよ!

岡田明子 [管理栄養士]
【第31回】
昼食の一例。弁当ではなく3品以上の組み合わせがおすすめです(朝食と夕食の例は4ページでご紹介)

コンビニ食選びの
3つの基本

 ダイエットは1日の食べた量と質に配慮することで、より成功に近づけます。その点、コンビニで買える食品は1人分に小分けされていたり、栄養成分の表示があるので、賢く使えばダイエットにとても役立ちます。今回は、コンビニで買えるダイエット向けの食品と、それを使った実践方法をお伝えいたします。

(1)まずタンパク質が摂れる食品を選ぼう

 お腹が空いたときにコンビニで手軽に食べられるものを探すと、菓子パンや焼きそば、パスタなどに目が向きがちです。しかしこれらは炭水化物が中心で、タンパク質はほとんど含まれていません。意識してメニューを選ばないとタンパク質が不足してしまいますので注意が必要です。

 というのも、タンパク質は私たちの体作りの素となる栄養素で、ダイエット中は特に欠かせません。また、タンパク質をしっかり摂取することは満足感につながり、余分な糖質の摂取を控えることにもつながります。

 「食べたい!」と思う食品が見つかったらまずは成分表示を見て、タンパク質のグラム数を確認しましょう。1食の合計で20~30gくらい摂ることができれば合格点です。1日に必要なタンパク質量の目安は「体重(kg)×1(g)」だと意識していきましょう。

 コンビニのおつまみコーナーには茹で卵や冷奴、蒸し鶏などがあり、惣菜コーナーに行くとレバニラ炒めや豚肉と卵の炒めもの、魚の塩焼きなど意外とタンパク質を多く含む食品が揃っています。

(2)サラダコーナーには必ず立ち寄る

 コンビニ食ではタンパク質と同様に野菜が不足しがちになります。野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維は代謝をスムーズにして太りにくい体作りに役立ちます。そこで、サラダや惣菜コーナーを見てみましょう。ブロッコリーやトマトなどの色の濃い野菜が入っていればなおよいのですが、まずはキャベツでもレタスでもいいので野菜が摂れる商品を選ぶ!という習慣をつけていくとよいでしょう。

 ポテトサラダのような、じゃが芋やマヨネーズが使われているものは「サラダ」として並んでいますが、糖質と脂質が多いので避けましょう。

1 2 3 4 5 6 >>
関連記事
このページの上へ

岡田明子 [管理栄養士]

同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。2014年一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)がある。ブログはこちらから。


ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

健康になるためには食事が大切。でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします!

「ストレスフリーな食事健康術 岡田明子」

⇒バックナンバー一覧