HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療

加齢とともに気になり出す眼の衰え
白内障手術で増えている“多焦点眼内レンズ”の注意点

武田京子 [毘沙門堂編集記者]
【第7回】

白内障の治療では、濁った水晶体を取り除き、人工のレンズを入れるが、単焦点のレンズだと、遠くのもの、あるいは近くのもののどちらかが見えづらく、術後は日常的に眼鏡などで矯正する必要が出てくる。2008年から先進医療として認められるようになった“多焦点眼内レンズ”は、遠近両方に焦点を合わせることができる。眼鏡なしで遠くも近くも見られるようになる多焦点眼内レンズとはどんなものか。

年間約60万人が受けている
白内障の眼内レンズ挿入手術

 加齢とともに気になり出すのが眼の衰え。新聞の文字が読みにくかったり、眼がかすんだりすることも多くなる。疲れ目ではないかと放置していてもなかなか治らないようなら、一度眼科を受診した方がいい。もしかすると、既に白内障が始まっているのかもしれない。

 白内障とは、眼の中にあるレンズの役割を果たす水晶体が白く濁ってしまい、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して視力が落ちる病気だ。症状としては、ものがかすんで見えたり、まぶしくて見えにくくなったりする。

 その一番の原因は加齢。そのほか、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症や、外傷などで起こることもある。加齢性白内障は早い人では40代から発症し、70代では約半数、80代のほぼ全員が白内障になっているといわれる。

 ごく身近な病気である白内障の治療では、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズに置き換える眼内レンズ挿入術が行われる。手術は比較的簡単で、まず角膜を2~3mm切開し、そこから細い筒状の器具を入れて水晶体を超音波で砕きながら吸引して取り除き、その後眼内レンズを入れて終了である。熟練した眼科医であれば、手術時間は15~30分ほどで、日帰り手術を行うケースもある。

 現在、年間約60万人(120万眼)がこの眼内レンズ挿入術を受けている。白内障手術を多く手がける東京歯科大学水道橋病院眼科のビッセン-宮島弘子教授は、「手術を受ける人の年代は、60~70代が最も多い。以前は、視力が0.1程度まで落ちてから手術をする人が多かったが、最近では仕事や趣味に支障が出たと感じて、見え方の質を上げたいという人が手術を受けることが多くなった。手術年齢は下がる傾向にある」と話す。

1 2 3 >>
このページの上へ

武田京子 [毘沙門堂編集記者]

総合医学出版社・毘沙門堂の編集記者。新聞系出版社で医学専門雑誌、医療・福祉施設向け経営誌、健康雑誌などの記者として、医療・健康分野での取材・編集キャリアを積む。現在は、医学専門誌、消費者向け健康誌、一般紙などを通じ、様々な読者層に向けて、医療、健康分野に関する記事を発信している。


あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療

30~50代は、責任ある仕事をこなす、人生で最も充実した時期。活力がいっぱいで、多少の無理をしても、心身ともに健康を維持できると思い込みがちだ。しかし、加齢による不調や病気は予期せず訪れ、ある日、トホホの自分に気付き、愕然とすることも少なくない。中年男性にありがちなこうした不調や病気にスポットを当て、新しい診断法や治療法などを分かりやすく解説する。

「あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療」

⇒バックナンバー一覧