「資格さえ取れれば大丈夫だ」と思っていませんか?(写真はイメージです)

自分に自信をつけるために取った資格に
価値を見出せなかった…

 今回は、一人の女性の起業物語について書いてみたいと思います。とは言っても、ポイントは起業云々ではなく、彼女がいかに資格取得をフックとして、自分なりのストーリーを描いたのか。彼女がどのような紆余曲折で学び直しを行ったのかということです。

 彼女が最初に取得した資格は、NPO法人総合福祉カンセリングセンターが認定している心理カウンセラー1級でした。その資格をフックとして、彼女は現在、世界に唯一の職業を生み出したのです。彼女は自分の肩書を「非言語コミュニケーショントレーナー」としています。

 彼女は父親の仕事の関係で、ドイツで生まれ、その後アメリカに渡り、計14年間、海外で生活しました。その後日本に帰国して、短大を卒業後、外資系企業に入社。家庭にも恵まれ、2004年に退社しました。

 働いていた外資系企業では、なかなか自分らしさを発揮することができなかった。それで自分で何かをしようと考えたのだそうです。

 まずは「自分の強みは何か」と考えました。それは「人にお節介を焼くことだ」と気がつき、何かそうした方向で仕事を考えようとしたのですが、何をやるにしても、自分に自信を持てずにいました。そこで、自信をつけるためには資格取得が一番いいと考えました。同時に、周囲から評価を得るにも資格取得が早道とも考えたのです。

 そう、安易な考えです。しかし、彼女の物語はその安易さからスタートしたのです。

 選んだのが前述の心理カウンセラー1級という資格でした。これは、臨床心理カウンセリングの現場で活躍できる資格だとうたわれますが、2級資格(あるいはそれと同等の心理系資格)を取得した上で、何と3日間、全6教程の養成講座を受講するだけで取得できる資格だそうです。