ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
国内ETFはコストが低い点は魅力
拡大画像表示

 あるインデックスに連動するETFが、国内、海外ともに取引可能な場合、どちらへ投資するのがいいのだろうか?

 国内ETFの場合、取引手数料や為替手数料など取引時のコストが安いという利点がある。しかし、指数との連動性でいうと、米国ETFに軍配が上がる。

 「米国市場のETFは、機関投資家も活発に売買しており、出来高が多いです。また、値付けのルールが厳しく整備されているので、価格が乖離することは滅多にありません。一方で、国内ETFは、まれに元の指数と大きくかけ離れるケースもあります。銘柄によっては、機関投資家の売買が少ないことが原因です」(楽天証券の新井党さん)

 さらに、日本と海外市場の株式の取引時間が違う点も考慮したほうがいい。

 なぜなら、ETFの構成銘柄の多くが上場する市場が、日本株の取引時間と異なる場合、価格がリアルタイムではないので、指数と価格差が生じる可能性があるからだ。

 指数とETFの価格差は、買いの場合、上にぶれていれば、それがコストともいえる。その点も注意して、投資先を決めよう! 

 

<お話を聞いたのは>
新井党さん
楽天証券外国株式事業部長。91年大和証券に入社。04年楽天証券に転籍後、08年から現職。米国株や海外ETFをはじめとした外国株式の商品企画に従事する。 

(取材・文/渡辺賢一)

 

ダイヤモンド・ザイ2011年10月号に掲載。特集は「1億円を作った20人の投資術!」。そのほか「ブラジルレアル&豪ドル建ての通貨選択型ファンドに忍び寄る円高リスク!」なども掲載。「お金の備忘録」シート、「資産管理」シート、「優待狙いの裏技」&「株の下落リスクを消す」ガイドの3大特別付録付き。

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事

DOLSpecial

underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus

ゴルフ情報サイトOPEN
【ゴルフ情報サイトOPEN】
名門ゴルフ場でプレー 半蔵門ゴルフ倶楽部 名門の条件 東京ゴルフ倶楽部 他
「買い時!」ならば物件探しを
【「買い時!」ならば物件探しを】
新築・土地・中古の物件情報や、住まい探しのノウハウを公開中!

話題の記事

週刊ダイヤモンド

特大号・特別定価号を含め、1年間(50冊)市価概算34,500円が、定期購読サービスをご利用いただくと25,000円(送料込み)。9,500円、約14冊分お得です。さらに3年購読なら最大45%OFF。

ハーバード・ビジネス・レビュー

詳しくはこちら

1冊2,000円が、通常3年購読で1,333円(送料込み)。割引率約33%、およそ12冊分もお得です。
特集によっては、品切れも発生します。定期購読なら買い逃しがありません。

ZAi

詳しくはこちら

年間12冊を定期購読すると、市販価格7,150円が6,600円(税・送料込み)でお得 です。お近くに書店がない場合、または売り切れ等による買い逃しがなく、発売 日にお手元へ送料無料でお届けします。
※別冊・臨時増刊号は含みません。

Keyword

ダイヤモンドZAi 注目記事!

ダイヤモンド・ザイの最新号から注目記事をオンラインで全文読めるようになりました。その他、ネット証券に関するニュースや使いこなしガイドなど、投資に関する情報を日々お届けしています。

「ダイヤモンドZAi 注目記事!」

⇒バックナンバー一覧