99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

水としての柔軟な心で、
人々を育てていきましょう

 本書では、『9code判定法』で世界中の人を9タイプに分類していますが、今回は「水の一白」(タモリ、長嶋茂雄、松本人志、中居正広、P・F・ドラッカー、田中角栄、伊達政宗、堀江貴文など)だけに与えられた、「強運への9の質問(ナインクエスチョン)」のうち、これだけは会得してほしい“3つ”を厳選して紹介します(残りの6つもぜひ会得してほしい質問ですが、まずは、この3つから意識して取り組んでみてください)。

「水の一白」のあなたでしたら、これを知れば、人生がダイナミックに変化します。仕事の成果はもちろん、日頃の生活でも、いままでにない“自然体の心地よさ”を五感いっぱいで感じることができるでしょう。

 あなたが生まれながらにして持つ、【本来の素質となる能力】ですので、ぜひ本気になって磨いてみてください。

<<ベストQ1>>いかなる環境にも適応できますか?

「水の一白」のあなたには、“究極の理想”としての生き方があります。
 そのキーワードが、「上善水如(じょうぜんみずのごとし)」です。

 聴いたことがある方もいるでしょう。最近では、日本酒の名前としても登場し、話題にもなりました。

 でも、本来、この言葉は、“水”としての生き方に「最上の善」を見出した中国の偉人「老子」の言葉なのです。この「最上の善」とは、争いを避けて生きること。
“水”は生き物にとって、生命を維持するのに、絶対に必要なものですよね。

 動物も、植物も、皆、生きるために“水”を求めます。
 この摂理と一緒で、水を象徴する「水の一白人」のまわりには、「水の一白人」を必要としている人がたくさん集まってくるのです。

 だからこそ、「水の一白人」は、その輪を乱すような争いの精神を持ってはいけません。他人を押しのけて高みを目指そうとするのではなく、柔軟にまわりと調和し、適応しながら、生きていくスタイルが必要なのです。

「水の一白」のあなたに質問ですが、職場の環境、家庭の環境は、良好でしょうか?

 自身の柔軟性を発揮して、あなたが環境になじむのも大切ですが、もし、職場の環境が少しでも悪いと感じたときは、「水の一白」であるあなたが、その場を水の力で潤してあげてください。

 カラッとした砂漠のような環境では、人は息苦しく感じるだけです。
「水の一白」のあなただけが持つ、水としての潤い成分で、円滑な環境にしてあげてくださいね。すべての良好な人間関係は、そこから始まります。

 いつでも、自己主張をなるべく抑えて、家族、友人・知人、会社の仲間との円滑な人づき合いを大切にしましょう!