99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。

かっこいい上司と
ダメ上司の境界線

『9code(ナインコード)占い』の9種類のコードは下記に分けられます。

「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」。
 この9つは、「感性系」「知性系」「理性系」と3つのカテゴリに分類されます。

【感性系】雷の三碧・天の六白・火の九紫
【知性系】水の一白・風の四緑・湖の七赤
【理性系】大地の二黒・ガイア五黄・山の八白

 感性系は、物事を直感的に捉える傾向にある人物。
 知性系は、物事をデータや論理で考える傾向にある人物。
 理性系は、物事をじっくり考えたうえで慎重に行っていく傾向にある人物です。
 感性系、知性系、理性系、それぞれタイプが異なります。

 そして、重要なのはここからです。
 もし、あなたが上司の立場ならば、「部下から尊敬されるカッコいい上司」と「部下から軽蔑されるダメ上司」。
 今後、どちらの方向に傾いていくかの境界線は、この『9code』における3つのタイプをいかに理解しているかにあると断言できます。

 それぞれのタイプに合った、上手な部下との接し方ができるか否かで、あなたの上司としての印象はガラッと変わってしまうのです。