今年、おじさんのメールやLINEの特徴を模した「おじさんLINEごっこ」なるものが、女子高生の間で流行したのは記憶に新しい。「単なる一時の流行」と無視するのは簡単だが、若い女性が「おじさんだなー」と引いてしまうポイントがどこにあるかを知れば、世代間ギャップの根っこが見えてくるかも。(清談社 藤野ゆり)

ムダに絵文字・顔文字を乱用し
語尾は「~かな?」「かい!?」で締める

 若い女性、主に女子高生たちの間で流行した「おじさんLINEごっこ」。友人同士で相互に“おじさん”っぽいLINEを考えて送りあう遊びで、さらにそのおじさんLINEごっこのスクリーンショットを投稿する人が続々と現れ、TwitterなどSNS上で拡散されている。

 では「おじさんLINE」とは、一体どういうものなのか。まず下の画像を見てほしい。これはどちらも若い女性が作って友人に送っている「おじさんLINE」である。言語化するのは非常に難しいが、なるほど、たしかにどう見ても「おじさんっぽいLINE」だ。

 まず特徴としては、とにかく鬱陶しいほど絵文字、顔文字をつけること。一文が終わるごとに、絵文字、顔文字を乱用し、「?」や「!」などの感嘆符も、いちいち絵文字に変換する。絵文字を多用するので、受け取った相手はテンションの高さに、引き気味になることは間違いない。

女子高生に気に入られたい一心で絵文字を多用し、一方通行的な独白をしてしまうおじさんたち。そんなおじさんのイタさは、「おじさんLINEごっこ」で遊ばれてしまうのだ

 また、投稿を見ていると、おじさんが使いやすい顔文字や絵文字が一定数あることもわかる。おじさんしか使っていないような絵文字、顔文字を使用することで、一気に文章中のおじさん濃度が上がるのだ。

 また、おじさんたちは、1つのLINEの中に問いかけを挟みたがり、その語尾は「かな?」「かい?」など、おじさん特有の言い回しとなることが多い。しかし、その疑問の多くは、ひとりごちているかのようなテンションで、質問というより、もはや挨拶。手紙でいう「暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか」のような定型文に近い。そこに手紙文化で育ったおじさんっぽさや、自分たちとの乖離を、若者は感じるのではないだろうか。