本記事はハフポスト日本版からの転載記事です

 ロンドン市営地下鉄の駅のホームで7月、電車の乗降位置を示す緑のマークがテスト的に導入された。日本では当たり前になっている乗車位置表示だが、ロンドン市民からは悲しみの声も上がっているという。一体どういうことだろうか。

 市交通局によると、乗車位置表示が導入されたのは、市民地下鉄のキングス・クロス駅。最も混雑する駅の一つと言われており、ラッシュ時の混雑緩和が目的でテスト導入された。

 しかし、長年地下鉄を利用している人からは、電車を待つための最適な位置を探すために努力してきたのに、このマークによって無駄になったとする声も出ている。

 デジタルスポーツコンサルタントのダニエル・エアーズ氏は9月12日、Twitterに、「20年かけて培った地下鉄についての個人的な専門知識と、通勤における競争優位性が、緑のペンキのせいで台無しになった」とつぶやいた。

 このつぶやきは17日正午現在で、約4万のいいねがつくとともに、1万3000回以上リツイートされた。「解る」「唯一の解決方法は、緑のペンキを買って、プラットフォーム全体を緑に塗ることだ」などのコメントが相次いだ。

 エアーズ氏は反響の大きさに、「そこまで真剣に怒っているわけではない」「ちょっとしたジョークのつもりでつぶやいた」としながら、「忙しいときにどこがドアになるかを知ってたら、ちょっと便利だった」などと、ツイートの真相を明かした。