Photo:日刊現代/アフロ

河村たかし名古屋市長と
同じ轍を踏まないよう不出馬か

 ダイヤモンド・オンラインで、小池百合子東京代表と、当時の蓮舫民進党代表に関する記事(「小池百合子と蓮舫の明暗を分けた『ドン底経験』と『計算高さ』」)を執筆してから2ヵ月余り。現在の政局を誰が予想できただろうか。

 今や、世論の関心時は二つだ。

 一つは、国政政党「希望の党」を立ち上げた東京都知事でもある小池百合子代表が、再び国政の場に打って出るのか否か。そしてもう一つは、希望が果たしてどの程度、議席を獲得できるかということだ。

 もやは、「初の女性総理」に対する野心を隠すことのなくなった小池代表にとって、今回の選挙で残された決断の時間は、残すところあと1日だ。